« 低山ハイク 梵天山(1月30日) | トップページ | 金剛山~大和葛城山周回縦走 その一 金剛山 »

2013年2月 3日 (日)

山本五十六の名言

にほんブログ村に参加しています

応援お願します(ポチッ↓)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

小生の好きな言葉は山本元帥の名言です

_r

「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。」

「やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。」

後輩はこの言葉を思い出して指導していましたね

人は怒られるより褒められる方が

絶対気持ちが良いと思います

しかし 褒める事は怒る事より難しいです

野球で好きな解説者は同年代の江夏豊です

彼は打たれたら「打った打者が素晴らしいと良い」

三振したら「投手の球が良かったと」いいます

彼が選手批判したことは殆ど聞いた事がありません

解説者で選手を批判する人がいますが

自分は出来たのかと云ってやりたいですね

彼は三振の記録を作るのにわざわざ

王選手からとるほどすごい投手でした

今日の朝刊にも「褒めれば上達」の記事が出ていました

Img027_r

これからの指導者は是非山本元帥の名言を

参考にしてほしいと思います

« 低山ハイク 梵天山(1月30日) | トップページ | 金剛山~大和葛城山周回縦走 その一 金剛山 »

日記・その他」カテゴリの記事

コメント

昨夜は、AKちゃんといかカノと三人で新年会でしたよ。。。
近々温泉旅行だそうですね (#^.^#)♪ ♪ ♪

お早うございます
私もその一人です(笑)
褒められると一生懸命に勉強?仕事しましたよウソかな

おはようございます
ヤワラちゃんが体罰がなかったと発言していますが、誰も信じませんね。
だから体罰がなくせないのではないでしょうか
「今日のオカズ、おいしいね」といつも褒めているヒューマンです(笑い)

熊取のおっちゃんさん
サラリ-マン時代、部下の褒めるところを長年探しましたが見つからず、
さじを投げた奴もいましたね。
愚生は何も言わぬのは諦めているというサインにもなりましたが・・・。

何度か聴いた言葉ですが忘れかけていますね。
このようにいつも掲げておかなくってはですね。
スポーツ界はこの際少し新しく変っていかなくってはでしょう。

こんにちは~♪
仰る通り‥‥ ですね~
「褒上手は、大事な事」です!

それにしても気の毒で酷い尼崎事件 (;ω;)

私も褒められて伸びるタイプなので今後ともよろしくお願いします。

お父さん元気そうで何よりです。バイト終わったんですね。折り返し地点に入ってブログを見る余裕もできてきました。山登りも気を付けてくださいね。またコメントしま~す。

仕事をしていた頃は、部下とどう付き合うか、いろいろ研究しましたね。
山本元帥の言葉も出しました、しかし暴力はイカンですぞ。

とても良い言葉ですね。
指導者やコーチは肝に銘じて選手を育てて欲しいです。

名選手<>名リーダーと言われますが
人を導くことは難しいですね。
叱っても怒るなとも言われますよね。

pencilいかちゃんへ
来週会いますが行先が分からないミステリーツアーですよ

pencilimaipoさんへ
やはり怒られるより褒められた方がやりがいがありますよね
ありがとうございます

pencilヒューマンさんへ
褒めて怒る人はいませんね 
ありがとうございました

pencilgettengさんへ
いつも怒鳴ってばかりの上司がいましたが
酒の肴になっていましたね ありがとうございました

pencil三面相さんへ
いつも部屋にかけて確認していますよ
ありがとうございます

pencilエゾモモンガさんへ
あまがさきの事件は人ではなく鬼の仕業みたいで
可愛そうすぎますね ありがとうございました

pencil次女へ
お父さんはいつも元気ですよ 褒められるようなことを
してください

pencilつばきだろさんへ
今まで人を怒鳴ったことも殴ったこともありません 当然
子供も怒鳴ったことはありませんが素直に育っていますよ
ありがとうございます

pencilGolfunさんへ
この言葉は大好きでいつも見ていました
ありがとうございます

pencil大連三世さんへ
怒鳴るとか殴るというのは上手く指導することが出来ないからと
思っていますよ ありがとうございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1537758/49132953

この記事へのトラックバック一覧です: 山本五十六の名言:

« 低山ハイク 梵天山(1月30日) | トップページ | 金剛山~大和葛城山周回縦走 その一 金剛山 »