« 高見山山頂から名山を眺望 | トップページ | 冬野菜の収穫 »

2013年1月22日 (火)

雪&無風青空&樹氷ナシ 日本300名山三峰山

にほんブログ村に参加しています

応援お願します(ポチッ↓)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

冬場の楽しみは低山の雪と樹氷です

雪や樹氷を楽しむにはバックに

青空が広がっているのが最高ですね

樹氷の名所 三峰山に行ってきました

登山口は青空 登山口には先週の大雪がそのまま残っていて

期待は膨らみましたが

山頂付近まで登ってきても全く樹氷は見当たりませんでした 残念sign01

clover登山口まで行くのが大変ですがノーマルタイヤで大丈夫でした

P1020800_r P1020802_r

clover不動滝でアイゼンを付けました マジックテープ(青・赤)が役に立ちました

P1020817_r P1020815_r

clover積雪は30~50cmはありましたが気持ち良く歩けました

P1020862_r P1020887_r

clover山頂で記念写真

P1020847_r P1020848_r

clover八丁平・・・山頂の楽園です

P1020864_r

clover八丁平のシンボルツリー・・・ここも樹氷がありません

P1020868_r

clover名古屋から来れれていた登山者 三畝峠

P1020882_r P1020881_r

clover初めての新道峠コースから下山しました・・・トレースはしっかりしていました

P1020886_r

clover避難小屋でいつもの昼食

P1020907_r P1020904_r

天気が良すぎましたねsun

* * * * * * fuji-6 山行記録 * * * * * *

foot登山日   1月21日
foot登頂山   NO.9三峰山    1235m 日本300名山
footコース    三峰山登山口soon不動滝soon三畝峠soon三峰山soon八丁平soon新道峠soon
                  三峰山登山口
footメンバー  単独行
foot時間    3時間10分
foot距離    10.9km(GPS)累計60.7km
foot天気    晴れ
foot歩数    17418歩
Photo
Photo_2 

« 高見山山頂から名山を眺望 | トップページ | 冬野菜の収穫 »

山登り」カテゴリの記事

コメント

熊取のおっちゃんさん
もし、この昼食を抜いたら歩けませんか?

お早うございます
難しいですね天気が良すぎると
みたい樹氷が見られませんね
アイゼンを履くと疲れませんか?慣れてるから平気ですね。

おはようございます。
この時期は雪の山歩きたいですね~。
最近はすっかり出不精、今冬はスノーシュの出番がまだありません。
樹氷は登るタイミングが難しいですね。
そろそろロープウェイで登れる御在所あたりでが適当な年代かな?

積雪が有っても樹氷が見れなくて残念でしたね。
20日に比叡山へ行ってきましたが10~15㎝程度で此処も樹氷が無かったですよ。

熊取のおっちゃんさん:おはようございます。
樹氷が無くて残念でしたね。しかし健脚ですね。
通常4時間のコースを3時間で踏破ですか!!

おはようございます
樹氷が晴れていて見れないとは、残念でしたね
アイゼンの赤と青のテープの意味は?

pencilgettengさんへ
今回は早朝のためいつもの朝食のオニギリを食べるのを忘れ
昼食でオニギリ1個 菓子パン1個 カップ麺1個食べましたよ
ありがとうございました

pencilimaipoさんへ
アイゼンはアイスバーンの時だけ付け それ以外は外して
いますよ ありがとうございました

pencilminojiさんへ
寒いのは苦手ですが樹氷を見るため 今は寒くなるのを
待っていますよ ありがとうございました

pencilma_kunへ
樹氷は見れませんでしたが雪山ハイクが出来 楽しんで
きましたよ ありがとうございました

pencilseiboさんへ
今年はロングトレイルに挑戦しようと思っていますので
気合いが入っていますよ ありがとうございました

pencilヒューマンさんへ
アイゼンのベルトが外れるのでマジックテープで止めています
百均で買った3色テープです ありがとうございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1537758/48872917

この記事へのトラックバック一覧です: 雪&無風青空&樹氷ナシ 日本300名山三峰山:

« 高見山山頂から名山を眺望 | トップページ | 冬野菜の収穫 »