« 七滝八壺 | トップページ | 今年最後の山行 紀泉アルプス »

2012年12月27日 (木)

日本百名山物語 その一 きっかけは槍穂高縦走

にほんブログ村に参加しています

応援お願します(ポチッ↓)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 1968年8月、生まれて初めて友人(彼も山は初めて)と山に登りました。当時、山登りが

ブームになっていました。雑誌で表銀座を知り、軽い気持ちで登ることにしました。表銀座

は中房温泉→燕岳→大天井岳→槍ヶ岳→上高地をたどるコースです。天気も良く最高の

山登り日和です。第一日目は燕山荘、第二日目は槍ヶ岳山荘に宿泊し、上高地に下山す

る予定でした。たまたま槍ヶ岳山荘で知り合ったベテランの登山者に西穂高岳まで縦走し

ようと誘われました。そのコースがどんなコースかは知らず了承しました。ベテランの登山

者の後を進み、岩場や鎖場も特に怖いと云った記憶はありません。大キレットの写真も撮

っています。穂高岳山荘に宿泊し、翌日はジャンダルムをスルーし西穂高岳に登り、上高

地に降りました。さすがにこのコースは厳しかったのかジャンダルムの写真は残っていま

すが、西穂高岳までの写真は残っていません。怖かった記憶が残っています。上高地に

降りた写真は残っており間違いなく縦走しています。帰ってから山の本を見ると槍ヶ岳→

奥穂高岳→西穂高岳の縦走コースは日本でも最難関のコースと云うことを知りました。

無鉄砲だったのですね。天候が良くベテラン登山者のガイドで縦走できたと思っています。

fuji1968年8月槍穂高縦走

clover左は北穂高岳から見た槍ヶ岳 右は奥穂岳から見る槍ヶ岳

Photo Photo_2

clover左は奥穂高岳から見たジャンダルム 右は西穂高岳から見た焼岳

Photo_3 430813

clover左は大キレット? 右は西穂高岳山頂

430824 430835

暫く続きますのでお付き合いのほどよろしくお願いします

« 七滝八壺 | トップページ | 今年最後の山行 紀泉アルプス »

山登り」カテゴリの記事

コメント

お早うございます
お~若かりし頃の登山日誌ですか
楽しみに読ませていただきます。

熊取のおっちゃんさん
このころからの経験の積み重ねで今日があるってわけですね。
まだ初心者が単独で阿蘇山に登り、いまだに行方不明みたいです。

おはようございます
貴重な写真ですね!
場所の特定に苦労されたと思います。
1枚目もはっきりしませんが、もっと涸沢岳寄りでは?
最後の写真は、西穂高山頂は木がないのでこれは西穂山荘あたりではありませんか?
同じ看板は当然ないので、約2時間の文字と風景からの推測です。
当時通常ズームがないので、槍の大きさも
参考になりますね。
ネガが残っていれば順番で想像ができるのですがねぇ

1968年ですか若いって素晴らしいですね。
僕はその頃に僕はスキーに夢中になっていましたね。

おはようございます♪
初登山から、凄い難所の山を縦走しているんですね~ (ーー゛)
若い頃の写真って、貴重ですね!

エゾモモンガの初登山らしき山は
綺麗な高山植物を見たくって、うちの奴と一緒に襟裳近くのアポイ岳でした!
その頃は、ゴルフに夢中でしたので‥‥
カッパは、ゴルフ用のレインウエァーでしたよ~ (^_^;)

こんにちは、

寒い朝でしたね、
山登りを初めて1968年でしかベテランに付いて登り若い日の良い思い出でしたね、
今ではベテランの部に入り百名山制覇素晴らしいですね、色々の記録の写真見せて頂き有り難うございます。

若いって素晴しいですね、恐れない。
68年頃はスキーに夢中でした、土日は山でした。

熊取のおっちゃんさん:こんにちは。
今年も沢山の綺麗な画像ありがとうございました。
明日帰省します。良いお年をお迎えください。

pencilimaipoさんへ
何時かは纏めようと思っていましたがやっと書く事が
出来ました ありがとうございました

pencilgettengさんへ
山登りは全て我流です 天候と慎重で安全第一で登る
ように心がけています ありがとうございました

pencil三重の山男さんへ
西穂山荘と云うことは縦走した貴重な証拠となります
昔のことで記憶も定かではありませんが もう縦走は
無理でしょうね ありがとうございました

pencil三面相さんへ
そのころは夏は山登り 冬はスキーをやっていましたよ
ありがとうございました

pencilエゾモモンガさんへ
大雪山には多くの高山植物があり好きな山でしたね
アポイ岳にも登ってみたいですね ありがとうございました

pencil田舎者さんへ
今でも素人です 安全第一で長ーく登りたいですね
ありがとうございました

pencilつばきだろさんへ
そのころはスキーや山登り ゴルフが流行っていて
全部に挑戦していましたよ ありがとうございました

pencilseiboさんへ
気を付けてお帰り下さい おふくろが来年102歳になるので
年に数回は帰ろうかと思っています
ありがとうございました

登山帽がすごく懐かしく感じます。
今日NHKBSで谷川岳の氷柱クライミングを
やってました。
昭和20~30年代の登山ブームで大混雑の
谷川岳、土合駅の様子もありましたが
登山者の服装がすごく懐かしかったです。

pencil大連三世さんへ
当時 谷川岳は怖い山というイメージがありましたが
今は天神平から短時間で登れますね
ありがとうございました

こんばんは~
初登山から44年、、、よくぞ、続いたものですね、すっかり山に魅せられてしまったようで‥
これまでの登られた山々の写真を拝見すると、山の魅力、少しは理解できるような気がします
いつまでもお元気で、登山日誌を更新なさって下さいね~

こんばんは~!素晴しい記念の写真ですね。
当方はその頃は出張ばかりでした~!(笑) (^O^)/

pencilタンポポさんへ
途中25年ほど仕事に?集中して山登りを中断していました
リタイアしてから再開しましたよ ありがとうございました

pencilまっくんの館さんへ
当時は山登りやスキーがブームで夏は山登り 冬はスキーを
楽しんでいましたよ ありがとうございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1537758/48471625

この記事へのトラックバック一覧です: 日本百名山物語 その一 きっかけは槍穂高縦走:

« 七滝八壺 | トップページ | 今年最後の山行 紀泉アルプス »