« 秋野菜の準備で毎日大汗をかいています | トップページ | 首が回らない! »

2012年8月29日 (水)

北アルプス山たび記 その五 北穂高岳~奥穂高岳

にほんブログ村に参加しています

応援お願します(ポチッ↓)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

大キレットは事前にYou Tubeなどで

国内では最高難度のルートを確認していましたが

北穂高岳から奥穂高岳は

一般の稜線歩きと考えていました

しかし 北穂高岳から涸沢岳は大キレット以上に高度感があり

痩せた岩稜など難所の連続で気を抜くところはありません

また 涸沢岳直下の登りは浮石が多く

二度落石させてしまいました

幸い下に登山者がいなくて惨事にならずに済みましたが

顔面蒼白になりました

穂高岳山荘に着いたときは体力 気力とも

もう余力は残っていませんでした

clover左は涸沢岳 手前は北穂ドーム これから向かう先です

Imgp1967_r_2

clover槍ヶ岳&北穂高岳

Imgp1983_r

clover北穂ドーム

Imgp1993_r

Imgp1986_r

北穂ドームで記念写真

迫力がありましたね

             

                     

clover北穂ドーム ここを歩いています

Imgp1994_r_2

Imgp1988__r Imgp1997_r

clover迫力ある難所です

Imgp2005_r

clover垂直の岩場&鎖など難所が続きます

Imgp2013_r Imgp2018_r

cloverジャンダルムが見えてきました

Imgp2020_r

clover涸沢岳から 左は前穂高岳+奥穂高岳 右は奥穂高岳+ジャンダルム

Imgp2036_r Imgp2035_r 

clover奥穂高岳

Imgp2045_r

Imgp2051_r

左は奥穂高岳山頂手前

槍ヶ岳が見えます

上は山頂で記念写真

                  

cloverジャンダルム 山頂に人が立っています

Imgp2066_r

cloverいつかはジャンダルム

Imgp2059_r_2Imgp2062_r

西穂高岳から縦走して

こられたご夫婦

凄いですね

今回 ジャンダルムにも挑戦する予定でしたが

途中で滑落現場に遭遇し 気力 体力に余力がなく

一番の難所”ウマノセ”の手前で撤退することになりました

clover穂高岳山荘

Imgp2083_r_2

Imgp2085_r

山荘は平日ということもあり

ゆっくり寝る事が出来ました

色々な人とお話が出来るのが

良いですね

槍穂高の縦走は達成感が半端なくありますね

クセになりそうです

« 秋野菜の準備で毎日大汗をかいています | トップページ | 首が回らない! »

山登り」カテゴリの記事

コメント

 お久しぶりです。ようやく、今朝は朝からの雨。
久しぶりにのんびりした気分でお邪魔したら、凄い遠征の様子。
噂に聞く、本当に難所中の難所ですね。「孤高の人」にも難所の様子が描かれていたように思います。
猛者の貴兄が疲れ果てるなんて信じられないようなことで、それだけでもどんな難所か理解できる気持ちです。

お早うございます。
猪者、健脚で鳴らした、熊取りさんでも撤退を余儀なくされたのですか!
写真からもその凄さが伝わってきていますが
その場に立ったら、比ではないのでしょうね
見ているだけでも冷やせが出てきそうです

熊取のおっちゃんさん、
こんな状態では、途中でへたり込んで動けなく方たちもいるのではないですか?

どの写真も素晴らしい物ばかりですねえ。
迫力満点、凄いです!

おぉ~~~おぉ~~~

迫力満点ですね・・・足が震えます。。(;>_<;)。、。

お早う御座います
迫力がありますね、岩場続きで気が抜けない
山行でしたね、またトライしたくなる気持ち少しわかります。

いや~、これは難所ですね
とても足が前に進まないですね
何が熊取さんをひきつけるのかがわかりましたね

こんにちは、

夏山登山北アルプス大キレットシャン詩を見せて頂くだけで足がすくみますね、
皆さん大変な苦労をして登っているのですね、熊取のおっチャンの熟練でもいろいろの経験ですね、
山頂の記念写真見事ですね見せて頂き有り難うございます、気を付けて下さい。

今日は~
テントで秋に涸沢~北穂高~奥穂高~涸沢と行ったことがあります。
こんな凄いところだったんですね。

この絶壁を前に滑落を目撃しては
気力も失せますね。
無理なさらず正解だったと思います。

pencilスベルベさんへ
大キレット&北穂岳~涸沢岳は日本有数の高難度のコースで
息を抜くところがなく疲れましたよ ありがとうございました

pencilクマゲラさんへ
山小屋で色々情報を収集しましたが上には上がいますね
小生など普通のシニアですよ ありがとうございました

pencilgettengさんへ
真ん中まで来ると進むも退くも大変ですね すこしの勇気が
必要ですね ありがとうございました

pencil三面相さんへ
北穂~涸沢は痩せた岩稜が連続していますのでどこも
たいへんでしたよ ありがとうございました

pencilいかちゃんへ
今回は心に余裕がなくセルフタイマーでの自撮自演は
ほとんど出来ませんでしたよ

pencilimaipoさんへ
このコースは体力気力が万全でないとトライ出来ませんね
ありがとうございました

pencilヒューマンさんへ
こんも難所を渡り切った時の達成感は何事にも
変えることは出来ませんね ありがとうございました

pencil田舎者さんへ
小生は普通のシニア登山者です 山にはすごい人が
数えきれないくらいいっぱいいますよ
ありがとうございました

pencilma_kunへ
今でも涸沢~北穂~奥穂~涸沢を周回するコースが
一番多いですね ありがとうございました

pencil大連三世さんへ
ジャンダルムは何時かは登ってみたい憧れのピークです
体力気力が充実していないと無理でしょうね
ありがとうございました

こんばんは
手の状態からして、勇気ある撤退だと
思います!
ジャンは逃げないので、早く手を治して
また挑戦すればいいのです。
体調不良が一番怖いです~

pencil三重の山男さんへ
ジャンダルムは体力や気力が充実している時に
挑戦してみたいですね ありがとうございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1537758/46865940

この記事へのトラックバック一覧です: 北アルプス山たび記 その五 北穂高岳~奥穂高岳:

« 秋野菜の準備で毎日大汗をかいています | トップページ | 首が回らない! »