フォト

ウェブページ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 一度で三度楽しい吉野山 その一 山歩き | トップページ | 神於山ボラ(4/21) 竹林整備というタケノコ掘り »

2012年4月21日 (土)

一度で三度楽しい吉野山 その二 千本桜

にほんブログ村のバーナーを

クリックして応援お願します

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

吉野山は古来より桜の名所として知られ

日本さくらの名所百選に選ばれています

下から下千本 中千本 上千本 奥千本と呼ばれ

長い期間楽しむ事が出来ます

吉野山の桜は殆どが白山桜で約三万本と云われています

下千本は満開です

284

中千本の桜も満開です

011

043

227_2 011_2

上千本 花矢倉展望台からの眺めは絵ハガキみたいです

053

(写真上の正面奥は金峯山寺)

212049

(写真上は花矢倉展望台 左は午後 人人人 右は午前 ひっそりしています)

奥千本の金峯神社前の桜はまだチラホラ

195

平日のため午前中はひっそりしていましたが下山時は道路も人人人

 混雑していました

237

230 241

さすが吉野山は桜の名所

山全体が燃えていました

関東や九州からもツアー客が大勢来ていましたよ

« 一度で三度楽しい吉野山 その一 山歩き | トップページ | 神於山ボラ(4/21) 竹林整備というタケノコ掘り »

旅行・観光」カテゴリの記事

コメント

ここの桜を見に行きたいですが、なかなかに実現しません。
しばらくは皆さんの写真で楽しませていただきましょう。

熊取のおっちゃんさん、
3万本とは凄い!!!
見る価値はありそうですが、所詮は桜ですよね。
人ごみを見にいくようなもので・・・。

お早うございます、
家内は大坂で出吉野山や奈良などは遠足でよく出かけたと
私は吉野山は全く知りませんが良いところですね見応えがありますね。

おはようございます
うぅ~~~ん、優しい春の景色ですね~~~素晴らしい~~~

久しく行ってません。

2連敗(>_<)/~~~ピシー!ピシー!

おはようございます
すばらしい風景ですねぇ~
花矢倉展望台からの眺望は見事ですね!
この日は距離もたっぷりでお疲れ様でした。
昨日の検査結果は問題なくてよかったですね。

お早う御座います~
花矢倉展望台からの眺めはポスターなどに良く出てくる風景ですね。
此所の花見の最後は退職後まもなくOB達で行ってお仲間が呑みすぎてメガネを割るやら大変だったことを思い出します。
奥千本に西行庵がありましたね。

凄い量の桜ですね、山が盛り上がっています。
見たかったなー。
秋田県にも桜前線がきました。

こんにちは、

関西では有名な吉野千本桜見にお出かけでしたか、
次から次絵て咲く桜花見ごたえが有り楽しみですね、
見せて頂き有り難うございます。

三面相さんへ
吉野山にはリタイアしてからは毎年見に行っています
いつ見ても圧倒されますよ ありがとうございました

gettengさんへ
平日なので歩けないような人ゴミではありませんよ
休日はもっとすごいでしょうね
ありがとうございました

imaipoさんへ
吉野山は桜の花というより山全体が凄いところですよ
ありがとうございました

いかちゃんへ
今日は点を取り過ぎ 打順の組み換えが大正解でしたね

三重の山男さんへ
吉野山のポスターや絵ハガキの定番は花矢倉からのものが
多くビューポイントです ありがとうございました

ma_kunへ
奥千本は今週当たりが満開でしょうね 花矢倉からの
眺めが一番ですね ありがとうございました

つばきだろさんへ
今週末からはGW 東北の桜の名所もいっぱいでしょうね
ありがとうございました

田舎者さんへ
吉野の千本桜はリタイアしてからは毎年見に行っていますよ
凄いの一言です ありがとうございました

さすが吉野山ですね。
きれいです。
ちょうど今、TVで茨城県桜川市(栃木との県境)の山桜が
紹介されていました。
パッチワークの山になるようです。
早速雨が上がったら出かけてみようと思います。

大連三世さんへ
吉野山は世界遺産と云う事もあり海外からや関東など
遠方からもいっぱいきていましたよ
ありがとうございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一度で三度楽しい吉野山 その二 千本桜:

« 一度で三度楽しい吉野山 その一 山歩き | トップページ | 神於山ボラ(4/21) 竹林整備というタケノコ掘り »