« 雪山でプチ”遭難”を体験 | トップページ | 秋冬野菜の成長記 10月13日 »

2011年10月12日 (水)

裏銀座やま旅記 その一 黒部五郎岳

北・南・中央アルプスの日本百名山27座中 未登頂の山が1座

黒部五郎岳です この山は北アルプスの奥深い場所にあり

どの登山口からも日帰りが困難な山といわれています

(三重の山男さんは昨年楽々日帰りされました 超人ですsign03

今回は日帰りには無理があるので山小屋泊を検討

167_2

               写真は鷲羽岳から見た黒部五郎岳

折角ですので40年前に登っていますが山頂での記念写真がない

鷲羽岳 水晶岳 薬師岳も登ってこようと計画しました

120_3 281_3 170_4

           写真左は鷲羽岳 中は水晶岳 右は薬師岳

                         cancer

10月6日までrainマークの予報ですが

7日からはsun/cloudマークの予報

これで10月7日~9日の2泊3日に決定しました              

                         cancer

しかし未明に飛越トンネル登山口に着くと霧雨が降っていました

どうしようかと迷いましたが大雪でなければ持ってきた装備で

対応出来ると判断し 登る事にしました

                         cancer

019_3 020_4

北ノ俣岳中腹の高層湿地帯では霧雨 北ノ俣岳手前では雪になりました

こうなったらピークハンターに徹し歩きました

033_2

赤木岳近くの登山道を歩いていると鳥の足跡が点々と・・・

すると数十メートル先に雷鳥のつがいがいました

人間を怖がる様子もないため写真を撮りまくりました

まだ冬毛には変わっていませんでした

059_2

黒部五郎岳山頂付近には雪雲がかかっています

082_2 076

念願の黒部五郎岳の山頂に立ちましたが

残念ながらプチ吹雪で周りの景色は全く見えません

078

ハイマツには雪が吹き付けられていました

この後本日の宿泊地の三俣山荘に向かいます

105_2 107

黒部五郎小舎に着きましたが三俣蓮華岳(三俣山荘)への道標がありません

悪い事に小屋は9月末に閉まっていて聞く事も出来ません

小屋の周りを探しますが見つからずプチ遭難です

最後はGPSに助けられ登山道が見つかりました 

114_3

三俣蓮華岳にも登る予定でしたが道に迷い時間が無いので

巻き道を渡る事にしましたが

これが急斜面に狭い道幅の雪道 慎重に渡りました

127_2

三俣山荘が見えた時は本当にホッとしました

小屋に着いたのは最後 前日に予約していましたので心配されていました

126_2 125_2

平日と云う事もあり 定員70名に対しわずか20名

ゆっくり寝る事ができました

小屋は家族的で良い雰囲気でした 

夕食のハンバーグは美味しかったですよ

* * * * * * fuji-73 山行記録 * * * *** *
foot登山日  10月7日
foot登頂山  NO.106   寺地山    1996m
        NO.107  北ノ俣岳   2662m
        NO.108  赤木岳    2622m
        NO.109  黒部五郎岳 2840m 日本百名山NO.85
footコース   飛越登山口soon寺地山soon北ノ俣岳soon赤木岳soon黒部五郎岳soon三俣山荘
footメンバー 単独行
foot時間    11時間00分(コースタイム13時間15分)
foot距離    20.3km
foot天候    霧雨から山頂は雪                                

« 雪山でプチ”遭難”を体験 | トップページ | 秋冬野菜の成長記 10月13日 »

山登り」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
85座目の黒部五郎岳登頂おめでとうございます。
北アルプスもこれで一気に冬の姿になってしまうのでしょうね。

pencil大連三世さんへ
遠征登山は今回で終わりです 素人には冬のアルプスは無理です
これからは近くの山で来年に備えトレーニングです
ありがとうございました

凄い雪に驚きです。お山はもうかなり厳しくなっていますねえ。
雷鳥がこんなに近くで見られたのはラッキーですね。

冬を乗りきるためにか、雷鳥太ってますねぇ~~~。。。山の冬は早いなぁ~
ススキがそろそろですかね。。。

プチ遭難とは穏やかでなかったですね。
三俣山荘が見えた時の嬉しさは言葉がなかったのではないですか。
ヒヤヒヤしながら読みましたよ。

お早うございます。
高山は冬支度なんですね
晴れの予報も山上は別なんですね
さすがGPSこれからの登山は必需品ですね。

おはようございま~す ♪
プチ遭難‥‥ ですかぁ~ 凄い体験をしましたね!
くれぐれも、無理はなさらず慎重に登山を楽しんで下さいね~

撮影の為‥‥ 10 kg 近くの物を担いで、40 分、山を登りましたが
もう、ヘロヘロ状態
体力に無さを実感して、空振りで帰って来ました

こんにちは
三俣山荘懐かしいです。昨年同時期に泊まったときは
10人くらいでした。
夕食には山の話しで一時間くらい、しゃべっていた
ことを思い出しました。

熊取のおっちゃんさん:こんにちは。
もう冬の気配ですか!今年は早いですね。
でもエビの尻尾が出る冬山ですね。雷鳥が可愛いです。

今日は~
野口五郎岳登頂お目出度う御座います。
野口五郎岳は何故か登っていないのです。
山々も日一日と厳冬期に向かっていきますね。

pencil三面相さんへ
雷鳥の天敵がいないのか人間がいても逃げませんね ラッキーでした
ありがとうございました

pencilいかちゃんへ
岩湧山も見ごろになって来ましたね
連絡下さい

pencilやま悠作さんへ
一時はどうなるかと思いました 
山荘が見えると本当にホッとしましたよ 
ありがとうございました

pencilimaipoさんへ
冬山は素人には危険でこれからは近くの山で来年に向けて
トレーニングです ありがとうございました

pencilエゾモモンガさんへ
トレーニングは10kg以上 本番は8kgくらいで登るようにしています
冬の丹頂ツルが楽しみですね ありがとうございました

pencil三重の山男さんへ
山小屋での情報交換が楽しいですね 三重の山男さんのような
スピード&タフさを備えている人はいませんね
ありがとうございました

pencilseiboさんへ
黒部の山頂は寒かったですね 風が強く木々にエビのシッポが
出来ていました ありがとうございました

pencilma_kunへ
これでやっと北アルプスの百名山に登る事が出来ました
今年の遠征登山はこれで終わりです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1537758/42468326

この記事へのトラックバック一覧です: 裏銀座やま旅記 その一 黒部五郎岳:

« 雪山でプチ”遭難”を体験 | トップページ | 秋冬野菜の成長記 10月13日 »