« 裏銀座やま旅記 その六(完) 北ノ俣岳 | トップページ | 柿 かき カキ »

2011年10月25日 (火)

またもアジ釣りに行って来ました

先週はアジの大漁で

大半を嫁さんの友人に配り

我家では

アジフライやアジの南蛮漬け 一夜干しにしました

003

                     アジの南蛮漬けup

022 001
            アジフライ up              アジの一夜干しup

新鮮でどれも美味しかったのですが

特に南蛮漬けは一日で食べて無くなりました

嫁さんからバイト明けの昨日

アジの南蛮漬けがまだ食べたいとリクエストがあり

先週と同じ橋の上に釣りに行って来ました

大漁ではありませんでしたが

マアマアの27匹の釣果がありました

006

大阪湾でタンパク質を確保し 

野菜も畑で収穫し食料自給率を上げたいと

思っていますsign03

« 裏銀座やま旅記 その六(完) 北ノ俣岳 | トップページ | 柿 かき カキ »

日記・その他」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。
一番のお邪魔したら、おいしそうな南蛮漬けにフライがど~~んと
もうたまりませんね~~(笑)

おはようございます
いいなぁ~~~

今日は予想通り降水確率50%で歩こう会中止・・・
ジムでトレーニングでも。。。

おはようございます
釣りもいいですねぇ~
息子たちからイカダ釣りを誘われて
いますが、長く釣りをする自信がなく
断っていましたが、おっちゃんさんの
釣果を見てちょっとだけ行きたいと
思ってきました。
今回は食べるのにちょうどよい釣果ですね!
一匹セイゴが混ざっていますが、ショウガ醤油
で刺身がおいしいですよ~

いいなー、魚も野菜も自由自在。
奥様、次は何が食べたいですか。

おはようございます。
TPPが話題ですが、自給率のアップは重要なことです。
私も釣りに行きたいなぁ・・。
でも、海に出かけるには200kmもあります。
まずめの時間帯に出かけるのが難しいのです。

こんにちは~\(^o^)/
アジ釣りに夢中のようですねぇ~(^-^)
新鮮な魚に、新鮮なお野菜、、、最高の贅沢です
いつも美味しいお弁当を作ってくださる奥様、、、
ここで リクエストに応えなければ男が廃りますね~~~(笑)

熊取のおっちゃんさん、
愚生は一夜干しを突きながら一杯やりたいです。
自給自足にコンベ!

今晩はぁ~ ♪

イヤァ~ この日は大漁でしたね~♪

来月初めに、配達される予定で~す 

今晩は!美味しそう!
何時もながらの、食糧の自給自足への取り組みは
素晴しいですね~。 有難うございました。 (^o^)/

pencilクマゲラさんへ
南蛮漬けは嫁さんや娘も大好きで作っても一日で無くなって
しまいます ありがとうございました

pencilいかちゃんへ
今週岩湧山に登りましょうか 連絡下さい

pencil三重の山男さんへ
我家の釣りは食料調達です 釣れると釣りも楽しいですね
ありがとうございました

pencilつばきだろさんへ
年金が満額貰えないので食料自給率を上げていますよ
ありがとうございました

pencil大連三世さんへ
食料の自給率を上げるためリタイアした人が農業をしたら
いいと思うのですが・・・ありがとうございました

pencilタンポポさんへ
食料調達するため時々大阪湾に行ってこようと思っています
ありがとうございました

pencilgettengさんへ
自給自足が理想ですが無理なので 少しだけでも近づけようと
おもっています ありがとうございました

pencilエゾモモンガさんへ
魚は大好きで時々は大阪湾に食料調達に出かけて来ますよ
ありがとうございました

pencilまっくんの館さんへ
釣りも野菜作りも楽しんでやれるのが良いですね
ありがとうございました

今晩は~
27匹の釣果があれば上等ですよ。
熱燗でアジの一夜干しや南蛮漬けで一杯やりたいです。

今晩は
鰺が良く連れて良いですね。
昔は近くの川(久慈川)ハゼが良く釣れました。
かみさんは生きたハゼの料理が出来ずに困っていました。

pencilma_kunへ
20~30匹が食べるにしても捌くにしても丁度良いですね
ありがとうございました

pencilGolfunさんへ
ハゼの天ぷらも美味しいですね 以前はハゼも
釣っていましたよ ありがとうございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1537758/42666481

この記事へのトラックバック一覧です: またもアジ釣りに行って来ました:

« 裏銀座やま旅記 その六(完) 北ノ俣岳 | トップページ | 柿 かき カキ »