« 天空の花の浮島 利尻岳 | トップページ | 神於山ボラ フクロウの棲む森作り »

2011年8月 6日 (土)

エゾやま旅記その三 神々の遊ぶ庭 大雪山

                       大雪山の麓の町旭川に昭和48年から55年までの7年間勤務

旭川は新婚生活をスタートし 

道産子を3人もうけた 第二の故郷です

大雪山には毎年のように黒岳から旭岳へ登っていました

Photo_34
美瑛町から見た大雪山up

Photo_35


昭和54年 大雪山で撮った家族の写真を

年賀状に使った事もあります

しかし 旭岳山頂での記録写真がないので

今回 記録写真を撮りに行ってきました

shoe

008_2


層雲峡温泉から

ロープウェイとリフトに乗り継いで

七合目登山口まで上がります

009_2


登山口のビジターセンターで

登山届を提出し登り始めます

011_2
ゴロゴロ石の登山道を登ります

さすが人気の山だけに

ツアー登山者もいっぱいです

最後尾に取り付くとリーダーが

特急通過 一時停止」と云って

全員止まりよけてくれました 感謝sign03

035


50分ほどで最初の山 

黒岳に到着です

黒岳からは何も遮るものがなく

眺めは抜群です

044

056


黒岳から20分ほど下ると

お鉢周りの分岐点に着きます

ここには避難小屋 黒岳石室があります

6
正面は北鎮岳up

黒岳石室から反時計方向の北周コースを歩きます

106_2


お鉢平を見下ろす展望台

まだ至る所に雪渓が残っています

121


途中大雪渓が横たわっていて急斜面は

アイゼンを付けて約300mほど直登します

131


北鎮岳までは分岐点にリュックをデポし

カメラと水だけ持ってピストンです

北鎮岳からはお鉢平の大きさが実感できますsign03

154 139
左手に黒岳up               右手に旭岳up

を望む事ができます

148


間宮岳までは

ゆるやかなアップダウンです

151


途中の中岳でやったーsign03

164


旭岳との分岐点にある

間宮岳でもやったーsign03

176
いよいよ旭岳に挑戦です 正面の大雪渓を登りますup

178


雪渓の大きさが分かります

小さな点が登山者です

183


この大雪渓も300m位ありますが

アイゼンは要りませんでした

187

大雪渓を過ぎると

火山礫の急坂が待っています

登りきると旭岳の山頂です

山頂は広く 

北東のお鉢平方面は良く見えますが

南のトムラウシ山はガスで見えません

173 189

念願の旭岳山頂で記録写真 やったーsign03

山頂では多くの登山者が

食事をしていました

209

旭岳を後にし下山していると10名ほどのツアー登山者に遭いました

213


次は北海岳を経由して

黒岳に戻ります

214


北海岳までは緩やかな

アップダウンです

217 221

白雲岳との分岐点にある

北海岳でやったーsign03

215
正面に雄大な北鎮岳が見えますup

232


北海岳からは一旦下り 

又登り返すコースです

230


途中大雪渓を渡る所があります

途中で遭った昔のお嬢さん 後姿は山ガール

239 242 249

沢を渡り 雪渓を登りと楽しいコースです

最後の沢渡りは流れが早く

山ガールにはきつかったようです

後ろの人は暫く考え思い切ってエーイと渡っていました

267

大雪山の魅力は標高2000m級山並みながら

アルプスの3000m級の山岳に匹敵する高山環境にあり

豊富な高山植物と残雪です

次回 大雪山で見た高山植物を紹介しようと思います

* * * * * fuji-57 山行記録 * * * * *

shoe登頂日      7月26日

shoeコース        七合目soon黒岳soon黒岳石室soon北鎮分岐soon北鎮岳soon北鎮分岐soon中岳soon

                     間宮岳soon旭岳soon間宮岳soon北海岳soon黒岳石室soon黒岳soon七合目

shoe登頂     NO.80 黒岳    1984m  

          NO.81 北鎮岳   2244m

                     NO.82 中岳        2113m

                     NO.83 間宮岳    2185m

                     NO.84 旭岳    2291m

                     NO.85 北海岳  2149m

shoeンバー     単独行

shoe歩行時間   8時間15分(コースタイム10時間40分)

shoe歩行距離   約20km

shoe天候      晴れ後曇り

Photo_36
GPS歩行軌跡up

Photo_37
GPS高度表up

shoe

下山後 層雲峡温泉の黒岳の湯で汗を流し

日本の滝百選の銀河流星の滝を見学

しかし 今回のハードスケジュールがひびき足が悲鳴をあげ

翌日の山登りをキャンセルする事になりましたsweat01

写真タグ:タグが設定されていません。

地図に登録されていません。

山登り  |  2011年08月06日05時00分00秒  |  コメント(11)  |  トラックバック(0)

コメント

いかちゃん

2011/08/06 05:52:00

大雪山は雄大ですね、さすが大地の山。。。いかちゃんは黒岳~層雲峡へ抜けるコースでした。
残雪が見事ですね・・・

田舎者

2011/08/06 08:51:25

お早うございます、 北海道は第二の故郷ですね、色々の山に詳しく登る気持ちが湧くのですね、色々と見せて頂き有難うございます。

ヒューマン

2011/08/06 09:00:18

おはようございます
特急通過とはリーダーもユーモアがありますね
中国なら衝突していますね

ma_kun

2011/08/06 11:31:06

お早う御座います。
18年前の7月でした。
旭岳へのゴンドラが荒天で動いていなく、層雲峡から黒岳の石室に泊まり、北海岳~白雲岳~小泉岳~大雪高原温泉のコースでした。
もう一度大雪山に行きたい気持ちです。

getteng

2011/08/06 12:33:46

熊取のおっちゃんさん、
古い写真の整理など技術屋さんらしい几帳面さですね。
感心!!!!!

まっくんの館

2011/08/06 13:58:21

今日は~!
記念の登山は好天にも恵まれ最高でしたね。
雪渓や高山植物等々素敵です~!
無理のないようにと願っています~! 

imaipo

2011/08/06 14:58:00

今日は。
さすが北海道の山ですね夏場でも雪が残ってるんですね
それにしても凄いパワーですね。

golfun

2011/08/06 21:06:23

今晩は
北海道を思う気持ちが分かりました。
第二の故郷でしたね。
それにしても健脚は素晴らしいです。
北海道は夢のまた夢のようです。

熊取のおっちゃん

2011/08/06 21:30:52

pencilいかちゃんへ
北海道の2000m級の山には残雪がいっぱい残っていて
アルプスの3000m級の山に匹敵しますね

pencil田舎者さんへ
北海道には今でも年賀状をやりとりしている友人が
いっぱいいますよ ありがとうございました

pencilヒューマンさんへ
機転がきいたリーダーの言葉に思わず駆足になり
ましたよ ありがとうございました

pencilma_kunへ
大雪山はどちらから登ってもあまりアップダウンが
ないので歩きやすいコースですね

pencilgettengさんへ
リタイアしてすぐに今までのフィルムをスキャンして
アルバムをデータ化しました 今だと面倒で出来ない
でしょうね ありがとうございました

pencilまっくんお館さんへ
今回のエゾやま旅は天候に恵まれどの山も気分良く
登れました ありがとうございました

pencilimaipoさんへ
北海道の山はアルプスの3000m級の山に匹敵しますよ
ありがとうございました

pencilgolfunさんへ
北海道も今は飛行機ですぐに行けますが北海道での
移動には車が必要ですね そのためフェリーで行って
いますよ ありがとうございました

metabo110

2011/08/06 22:12:04

こんばんは
お久しぶりです
どのお写真も素晴らしく圧巻です!
魅入っています
第二の故郷とのこと 思い出深いところなのですね
登山はメタボの人生の中では経験がないので憧れです
こんな素晴らしい山々が見下ろせるのですね
また 天空の花の浮島 利尻島の花々には感動いたしました
ありがとうございました

熊取のおっちゃん

2011/08/06 23:03:42

pencilmetabo110さんへ
生れ育ちは九州 結婚生活をスタートしたのが旭川
今住んでいるのが大阪 故郷が三つありますよ
ありがとうございました
いい色からはどちらへ引っ越しされるのですか?
分かったら連絡下さい 

« 天空の花の浮島 利尻岳 | トップページ | 神於山ボラ フクロウの棲む森作り »

山登り」カテゴリの記事