« 日本百名山NO.74 光岳 | トップページ | 日本のチロル 下栗の里 »

2011年7月17日 (日)

山で人のお役に立つことが出来ました

                               光岳の下山中 膝を痛めた登山者に遭いました

大丈夫ですかと声を掛けると

奥さまが「ゆっくり歩いて下山します」

との言葉にそのまま下山しました

shoe

しかし この時間帯(1時過ぎ)では登る人も下山する人もいなく 

気になるので

30分位下山したところで勝手に警察に救援依頼の連絡をしました

山岳救援隊が向かうと云う事で

ご夫婦の所まで登り直すと ゆっくりながら降りてきていました 

事情を話すと

「何とか自力で下山出来ます」との事で警察にお断りの連絡をしました

shoe

奥さまがご主人の大きなリュックを持っての

急斜面の下山は厳しいので

小生が登山口まで持って降りる事にしました

約2時間リュックを2個持っての下山は大変でした

105
右が小生のリュックup

111

橋の入口が登山口 ここまでリュックを運びました

しかし 久しぶりに人のお役に立つ事が出来 

充実した山登りになりました

帰ると丁重なお礼のメールが入っていました

写真タグ:タグが設定されていません。

地図に登録されていません。

山登り  |  2011年07月17日05時00分00秒  |  コメント(16)  |  トラックバック(0)

コメント

スベルベ

2011/07/17 05:12:14

 山で事故に遭った人と遭遇すると判断に迷いますね。
家族で中の岳に登った時、下山中の若者が「小屋に遭難しかかった人が居る、
一緒に下山しないかと誘ったけれども断られた、行ったら声を掛けて下さい」
と、言われました。
中の岳の小屋に着くと、まだ濡れた衣服、靴下などを絞っているところでした。
私たちも一緒に降りないかと誘ったけれども、受け付けず、
予定通りに越後駒ケ岳に向かうと言う。
食料と乾いたタオルを何本か渡して分かれ、私たちは下山した。
娘達は「トーちゃんは冷たい。もっと強く言って一緒に降りたら良かったのに」
なんて言いました。
「山と言うのはあくまでも自己責任の世界。全てが自分の判断なんだよ」
娘達は納得できなかったようです。
その後何日も心配で山の遭難記事が載っていないかと新聞を見ていました。

ヒューマン

2011/07/17 06:50:59

おはようございます
さすが熊取さんですね
御夫婦も感謝されたことでしょう


昨日、S社の薄型を購入しました(4台目です)在庫がその機種だけでしたね

getteng

2011/07/17 07:03:12

熊取のおっちゃんさん、
山男はお優しいのだ!!!
いいことをされましたですね。
そのまま下山していたら、後日気になったでしょう。

tori-chu

2011/07/17 07:15:56

良いことをされましたね。
私たちも古い話になりますが足を痛めた人に会い、応急処置をしてあげたことがあります。トリカノは看護師ですからテーピングくらい出来ます。
下山後最初の処置が良かったの大事にならなかった、と言う連絡をもらいました。

私たちのグループのものが鋭利な石の上に転倒してひざを切りました。折りよく山小屋に神経外科の先生が折られ手術してもらい長野県警のヘリで大町に下ろしてもらったこともあります。
安易に人をあてにすることは自己責任の精神に反するかも分かりませんが、困ったとき助け合うのも山男、お互い事情を客観的に見て助け合いたいですね。
人さまのお役に立てたときの充実感、良く分かります。お疲れ様でした。そして私からも「ありがとう」

ペケちゃん

2011/07/17 08:01:05

三十分下山してから、思い直してふたたび戻られたとはさすがです。おそらくその間気がかりで気がかりで仕方なかったことでしょう。リュックの写真は見えませんが重かったようで、本当にご苦労様でした。忘れることのできない素敵な登山となったことでしょう。そして無事下山・・・暖かなありがたく思うメールが想像できます。ご苦労様でした。

田舎者

2011/07/17 08:24:17

お早うございます、 夏山登山で膝を痛めて苦しむ人をオッチャンのお陰で無事に下山が出来良かったですね皆さん山男は親切でしょう思いリックを担ぎ下山お疲れさんでした家に帰りメールでお礼をが届き一安心でしたね。

minoji

2011/07/17 12:59:32

おっちゃんさすがです。あの急斜面のくだりは大変です。そしてもうひとつあの地区の遭難救助体制は貧相です。遭難や捜索があると対面の中央アルプスの越百小屋のご主人(遭難救助のライセンスあり)が駆けつけると聞きました。きっと夕刻下手すると翌日かも知れません。皆さんの無事の下山何よりでした。

imaipo

2011/07/17 13:00:47

お早うございます。
なかなかできません人助け、いいことしましたね
降りてきてまた引っ返して凄いですね
山仲間の友情がまた一つできたようですね。
昨晩帰ってきました留守中コメントいただき有難う御座います。

すみれのお嬢

2011/07/17 16:50:52

リュック2つ背負っての下山、お疲れ様でした!
ご夫婦、山でおっちゃんに出会えて本当に良かったですね♪
何をどうすべきか判断ができるおっちゃんっ、さすがです
ブログ紹介欄のヤッターポーズが眩しいっです!!!

熊取のおっちゃん

2011/07/17 22:00:33

pencilスベルベさんへ
山登りの事故は自己責任と言いますがやはり連帯責任を
感じます 翌日駐車場を見ると車が無かったので無事
帰られた事を確認し安心しましたよ
ありがとうございました

pencilヒューマンさんへ
地デジ関連のバイトをしていますが先週あたりから
売れ筋の機種は全部売り切れですよ ラッキーでしたね
ありがとうございました

pencilgettengさんへ
自分がして欲しい事をしたままです そのままに
していたらずーっつと後悔していたでしょうね
ありがとうございました

penciltori-chuさんへ
山での出来事は助け合いが大事ですね いつ助けて
もらう事になるかも分かりませんね
ありがとうございました

pencilペケちゃんへ
本当に降りて来ながらどうしようと気になっていました
出来る事をして充実した山登りになりました
ありがとうございました

pencil田舎者さんへ
中々体験する事がない事が出来思いで深い山登りと
なりました ありがとうございました

pencilminojiさんへ
多分自力で下山すると暗くなっていたと思います
あの急斜面をリュック二つを持って降りましたが
女性ではもっと大変でしたでしょうね
ありがとうございました

pencilimaipoさんへ
何時自分が助けられる事になるかは分かりません
出来る時に出来る事をしようと思います
ありがとうございました

pencilすみれのお嬢さんへ
あの時間ではおっちゃんが最後で誰にも遭う事が
なかったでしょうね 引き返して良かったと思って
います ありがとうございました

metabo110

2011/07/17 22:50:56

こんばんは
おっちゃんさん素晴らしいですね
2時間の下山は大変だったと思いますが
感謝されておられる事でしょう
拝見していてこちらもとても幸せで感謝したい気持ちになりました
おっちゃんさんありがとうございました

熊取のおっちゃん

2011/07/17 22:57:05

pencilmetabo110さんへ
結構重く急斜面を下るのは大変でした でも充実感が
あり良い思い出になりました ありがとうございました

三重の山男

2011/07/18 09:13:17

お早うございます~
そんなことがありましたか・・・おっちゃんも足が上がらないと言っていましたのに、素晴らしい!
急登でしたからね。あの長い山林の中では救助も難しい状態だったでしょうね!
三重の山男は膝の自己防衛のために、サポーターを持っていきます。少し痛くなったときでも、少しは大丈夫になります。
今日は膝が痛いです~
あの橋・・・下が丸見えでしたが大丈夫でした??

ma_kun

2011/07/18 09:43:58

お早う御座います。
人助けができて先方さんも喜ばれたでしょうね。
ハイキングの荷と違って大変だったでしょう。

いかちゃん

2011/07/18 13:07:42

うぅ~~~ん、素晴らしいですね(^O^)♪ ♪ ♪
山歩きの経験が役立ちましたね・・・

20日出発の予定が、台風で(/。\)ヽヽヽ

熊取のおっちゃん

2011/07/18 22:14:06

pencil三重の山男さんへ
光岳の時は足の痛みはありませんでしたが聖岳の帰りは
大変でした 両方の親指にタコが出来下りで小指を痛め
筋肉痛でアクセルを踏むのも辛かったですね 翌日も
筋肉痛が残りました このような事は初めてです
今まででは聖岳が一番きつかったみたいですよ
ありがとうございました

pencilma_kunへ
山小屋泊まり用のリュックで10kg以上あり腕が痛く
なりましたよ 

pencilいかちゃんへ
おっちゃんも台風が過ぎて天候が安定してから北海道に
向かおうと思っています

« 日本百名山NO.74 光岳 | トップページ | 日本のチロル 下栗の里 »

山登り」カテゴリの記事