« みちのく一人やま旅 その十 朝日岳 | トップページ | みちのく一人やま旅 その十二 吾妻山 »

2010年10月 1日 (金)

みちのく一人やま旅 その十一 飯豊山

飯豊山は磐梯朝日国立公園に位置し

福島県 山形県 新潟県の県境にあります

日本百名山の中でも非常に行程が長く やせ尾根の通過など

体力 技術共に高いレベルが要求される山とありました

1013_r
朝焼けの飯豊山up

shoe

標準コースタイムは17時間

通常は1泊2日か2泊3日のコースを今回は日帰りに挑戦しました

この時期の日の出は5時半位で日の入りは17時半位

18時になると真っ暗になります

今回は20kmは走った事はあるがフルマラソンは初めて走るような心境で

果たして暗くなる前に戻ってこれるのか

又12時間以上歩く事が出来るのか

未知の世界で不安になり途中でビバーク出来る準備もしました

shoe

1108_r

緊張で夜中に何度も目を覚ましました

夜空には見た事もない様な

無数の星が輝いています

雨上がりと山中という好条件のためでしょうか

3時に起きて準備をし

 4時ジャストに歩き始めました

1101

外はまだ真っ暗です 

前日 登山口は確認しておいて正解でした

ヘッドランプを取り付けて歩きだすと

垂直に近い数十メートルの壁がありました

鎖が取りつけてありますが

暗くて恐怖感が昼間より増します

1012_r

出発して1時間くらいで

東の空が赤く染まって来ました

ここでヘッドランプを外します

5時半ころ吾妻山の横の方から

日の出が始まりました

バテないように心の中でゆっくりゆっくりと

言いながら歩いていますが知らない間に

急いでいたのですね

最初のポイントの地蔵岳まで

標準タイム3時間40分のところを

1時間55分で着きました

1015_r

shoe

ここから次のポイント切合小屋までは

なだらかなアップダウンでが続きます

1023_r 1031_r

右奥が飯豊山up               切合小屋up

切合小屋ではもう小屋仕舞いの

準備をし24日に閉鎖との事です

切合小屋まで来るとゴールが

読め少し安心しました

 

1034_r_2

切合小屋から見た飯豊山up

暫く歩くとやせ尾根の岩場

”御秘所”に着きます

1081_r

東側は断崖絶壁 

狭いやせ尾根の岩場を

登りますが

高所恐怖症でありながら

そんなに恐怖感は

感じませんでした

1048_r

難度で云うと鳥海山の方が上でしょうね

shoe

 

1058_r 1069_r

本山小屋から山頂までは10分位

山頂には9時45分に着きました

標準タイム9時40分の所を

5時間45分で歩いています

1072_r
本山小屋から見た飯豊山山頂up

1070_r

本山小屋から見た御西岳と雪渓up

山頂は青空が拡がり風もなく最高の天気です

1084_r

山頂を独り占めにしていると

10分遅れで30歳後半の人が

山頂に登って来ました

聞くと仙台の人で 

同じ大日杉小屋から登って来たそうです

出発は小生より2時間遅れの6時との事

えぇーsign01 

と云う事は4時間位で登っています

凄い人もいますねsign03sign03

1040_r
飯豊連峰の最高峰 大日岳up

1067_r
正面は北股岳up

予定より早く着いたので山頂でのんびりと食事しました

山頂からは大日岳や北股岳等の大眺望が楽しめましたが

遠くはガスって朝日岳や月山は見えません

写真を撮り下山始めます

1076_r

三連休の土曜日と云う事もあり

途中で

小屋泊まりの多くのグループと

すれ違いました

1085_r 1087_r 1050_r

小屋泊まりの皆さん大きなリュックを担いでいます 

 

結局当日日帰りしたのは

仙台のスーパーマンと二人だけでした

shoe

最難関の飯豊山は天候にも恵まれ

無事15時前に登山口に戻って来る事が出来ました

達成感と満足感で充実感いっぱいの一日でした

* * * * * fuji-60 山行記録 * * * * *

foot登頂日     9月18日

footコース       大日杉小屋soon地蔵岳soon飯豊山(ピストン)

foot登頂        NO.95  地蔵岳    1539m 

             NO.96   飯豊山   2128m  日本百名山

footンバー   単独行

foot歩行時間  9時間55分(標準16時間40分)

foot天候     くもり 山頂は晴れ

Photo

Photo_2

写真タグ:タグが設定されていません。

地図に登録されていません。

山登り  |  2010年10月01日06時00分00秒  |  コメント(16)  |  トラックバック(0)

コメント

三面相

2010/10/01 06:27:57

流石です。これは凄い!快挙ですねえ。素晴らしいです。
お天気も味方してきれいな山を見せてくれていますね。

エゾモモンガ

2010/10/01 07:07:40

  おはようごさいま~す  ♪

  凄いコースタイムですね~
  何処にそんなエネルギーがあるんでしょう
  分けて欲しいです 

  難山の飯豊山 日帰り登頂 おめでとうございます 

アンジェラ

2010/10/01 07:31:20

わぁ~~~凄い!
確か霊峰飯豊山っていうのですよね。
素晴しい山なんですね~~空も朝陽も素晴しいですね。
いわきからだと遠いので行ったことがありませ~~ん♪
お写真拝見させていただけて嬉しいです

terr

2010/10/01 08:17:07

熊取のおっちゃんさん、
日帰りとは凄いですね。
貴兄は相当な健脚ですな!
愚生は青龍〇段さんから「広島のセカセカおじさん」と・・・。

imaipo

2010/10/01 08:31:24

お早うございます。
すごい走って登ったような、スーパーマンはいるんですね
おっちゃんさんだけかとおもいました、
いやー良い眺めですね。

ヒューマン

2010/10/01 09:33:29

毎度毎度、健脚ぶりには驚きです。そのエネルギーはどこから湧いてくるのですかね

ma_kun

2010/10/01 10:21:16

お早う御座います~♪
熊取のおっちゃんより駿足の人が、上には上がいますね。
日帰りの一番長い経験は越後駒ヶ岳の11時間55分でした。

いかちゃん

2010/10/01 10:33:48

いやいやなんとも、ぎっくり腰と尿管結石で休養して温めた体力が効果発揮したかな。。。

三重の山男

2010/10/01 12:53:00

改めまして飯豊山登頂おめでとうございます。
がっちり握手した手に力が入っていましたよ。
自分もこの数日後に登るのだと思うと、武者震い?がしたような。
登った後は、さすがに足はガタガタだが、気分はスッキリ!! ・・・・・ いいね
百名山難関の1つはクリアされ、天気もよくよかったですね!!

ふーちゃん

2010/10/01 13:38:43

熊取のおっちゃんさん
言葉が見つかりません
「すご~い!」の一言です
またまた次回の山が頭を駆け巡りますね~ 

湘南ジージ

2010/10/01 18:25:29

毎度毎度熊取さんから元気を頂いております。
負けられません 勝つまでは?!!
勝てそうもありませんが!

熊取のおっちゃん

2010/10/01 19:43:20

pencil三面相さんへ
やはり山頂からは青空が似合いますね
ありがとうございました

pencilエゾモモンガさんへ
難度の高い山はほぼ登りましたのでホッとしています
ありがとうございました

pencilアンジェラさんへ
福島には良い山がいっぱいありますね
ありがとうございました

pencilterrさんへ
日帰りする要領はリュックを軽くすることですよ
ありがとうございました

pencilimaipoさんへ
仙台のスーパーマンは今まで遭った人の中では
一番でしたね ありがとうございました

pencilヒューマンさんへ
いえいえ 普通の人でもトレーニングすると早く
歩けるようになりますよ ありがとうございました

pencilma_kunへ
これからは事帰り登山を目指しますが黒部五郎岳や光岳は小屋泊になるでしょうね

pencilいかちゃんへ
歩くのは慣れるものですね 今日もカープに苦戦
しています こうなるとCSで頑張らないといけ
ませんね

pencil三重の山男さんへ
下山した時は本当に充実感でいっぱいでしたよ
登ったものしか分からないでしょうね
ありがとうございました 今週頑張って下さい

pencilふーちゃんへ
今年の遠征登山は終わりましたが 近くの山へは
登ってみようと思っています
ありがとうございました

pencil湘南ジージさんへ
いやいや一回り先輩のジージさんからパワーを
貰っていますよ ありがとうございました

Saas-Feeの風

2010/10/01 21:34:44

何という健脚か、とても同行できませんね(~_~;)
足を引っ張りますよね。
夜空の星、日の出、青い空、白い雲、
すべてが山歩きのご褒美ですね\(^o^)/

まっくんの館

2010/10/01 21:55:52

こんばんは~!流石です~凄いことですね~!
好天にも恵まれどの写真も素晴しく最高でしたね。
お蔭様で熊取さんと一緒に登った気分に浸り楽し
ませて貰いました。 
山は素敵ですね、有難う御座いました。 

熊取のおっちゃん

2010/10/01 22:17:21

pencilSFの風さんへ
山歩きは自然が相手ですがやはり青空が良いですね
いえいえ普通は標準タイムで歩きますよ

pencilまっくんの館さんへ
アプローチの長さは日本有数の山です それだけ
奥深い山でしたね ありがとうございました

こぶっちょ

2010/10/01 23:12:30

こんばんは
すごいですね
とにかくも、
「登頂おめでとうございます」

リュックを軽くするのは、悩みのタネです。
熊取のおっちゃんさんの工夫の仕方に、とても興味があります。

« みちのく一人やま旅 その十 朝日岳 | トップページ | みちのく一人やま旅 その十二 吾妻山 »

山登り」カテゴリの記事