« 北海道やま旅記 その一 羅臼岳 | トップページ | 北海道やま旅記 その三 雌阿寒岳 »

2010年8月10日 (火)

北海道やま旅記 その二 斜里岳

羅臼岳から国道334号線を戻ると

斜里平野にゆったりと稜線を引いた

美しいピラミッドが左手に見えてきます 翌日登る斜里岳です

_r_2 

斜里岳up

shoe

146_r 145_r

清岳荘は斜里岳の登山基地

素泊まりで2000円

広い部屋では山の話で

盛り上がりました

shoe

斜里岳の特長は沢登りが楽しめる事です

歩き始めるとすぐに渡渉開始です

前日の雨で飛び石が沈みかけ

靴が濡れないように渡渉を繰り返します

282_r

283_r 151_r

渡渉コースup

30分ほどで旧道と新道の分岐

旧道は沢登りコース新道は峠越えコース

増水した沢を登り始めると

水簾 羽衣 万丈 見晴 七重 竜神 霊華と

連続する滝を次から次へと表れては越えて行きます

277_r 266_r 258_r

      水簾の滝up          万丈の滝up         見晴の滝up

271_r

羽衣の滝up

251_r 245_r

           七重の滝up                 霊華の滝up

1時間ほどの沢登りは緊張の連続ですが

今まで経験がした事がなく十分楽しめました

227_r 261_r

途中で出合った登山者up

shoe

沢登りが終わるとガレ場の急登

ガスって視界が悪く風が強くなって来ました

狭い稜線の馬の背は風の通り道になっていて

そのままでは吹き飛ばされそうで

慎重に歩きます

212_r

山頂手前に祠があり 

山の安全を祈願しました

山頂には誰もいなく

斜里岳も一番乗りです

218_r

山頂にてup

天気が良いと知床連山が見える予定でしたが

あいにくガスって風が強く視界が全く出来きません

記録写真を取り早々に下山です

下山は殆どの人が新道を選択しましすが

沢下りを楽しむため旧道を下りました

前日山仲間とヒグマに

出合った場合のどうするかを

話していましたが誰も経験がなく

解決策は見つかりませんでした

知床半島はヒグマの密集地帯

緊張します

287_r

斜里岳にも熊注意の看板up

      

shoe

国道334号線沿いにオシンコシンの滝があります

落差80m 横に拡がって流れ落ちる様は

迫力があり日本の滝百選にも選ばれています

038_r

* * * * * fuji-41 山行記録 * * * * *

foot登頂日   7月30日

footコース    清岳荘soon旧道soon斜里岳(ピストン)       

foot登頂      NO.72  斜里岳    1547m 日本百名山

footンバー   単独行

foot歩行時間 5時間25分(コースタイム7時間)

foot天候    曇り 山頂は濃霧と暴風

写真タグ:タグが設定されていません。

地図に登録されていません。

山登り  |  2010年08月10日06時00分00秒  |  コメント(12)  |  トラックバック(0)

コメント

湘南ジージ

2010/08/10 06:04:11

見ているだけで気が遠くなりそうです
無事の帰還を喜びましょう!

クマゲラ

2010/08/10 06:11:34

お早うございます。
素人が登れるような山ではないですね
見て楽しむだけにしておきます

やま悠作

2010/08/10 06:41:35

滝の多いコースでしたね。
見ているだけで猛暑も吹き飛ばしてくれました。
一泊素泊まり2000円の清岳荘の雰囲気もいいですねぇ。
大広間で共通の趣味の話で盛り上がったことでしょう 

三面相

2010/08/10 06:46:46

1時間の沢登りが凄いです。
やはりお日さまが欲しかったですねえ。

アンジェラ

2010/08/10 08:16:09

わ~~~~~凄い滝ですね。。。
素晴らしいです。。。鍛え上げられたおっちゃんさんでなけでば登れない山々ですね。。。
素晴らしい山の景観をありがとうございます。

terr

2010/08/10 09:16:17

熊取のおっちゃんさん、
リポビタンDのCMみたいなところを登るんですね。
愚生だったら、話を聴いた段階でギヴアップします。

ヒューマン

2010/08/10 09:27:08

沢登りは装備も大変とか。さすが熊取さん、やりますね

imaipo

2010/08/10 13:33:00

こんにちは、
沢登りはこの時期良いですが滑りやすくて危ないですね
しかし色々な滝を見ながらの登山も楽しめますね
オシンコシンの滝はツアー旅行で見学しました。

ふーちゃん

2010/08/10 14:01:25

熊取のおっちゃんさん
爽快ですね~
一番乗りの登頂でしたか?
始めは疎いふーちゃん
沢登?全然掴めませんでした
やっと少しづつ理解してきました
下山も楽の方を選ばないところ
やはり山男のスリルを求めるのですね~
さすが~おっちゃんさんですね!

あま・コスモス

2010/08/10 14:18:05

おっちゃん 無事にご帰還お疲れさまでした (^^
でもあえて沢登なんですね
凄い事ですね 私は見ているだけです
おっちゃんは冒険家だったんですね (^^;;
お天気に恵まれたらもっと良かったですね
良い山登が出来て良かったですね 

田舎紳士

2010/08/10 21:00:09

清岳荘素泊まり2千円は安いですね。
寝具は持ち込みのみですか。

熊取のおっちゃん

2010/08/10 22:55:34

pencil湘南ジージさんへ
斜里岳以上に幌尻岳は緊張しましたよ
ありがとうございました

pencilクマゲラさんへ
慣れるとそんなに難しい山ではありませんよ
ありがとうございました

pencilやま悠作さんへ
同じ部屋の人とは次の雌阿寒岳も一緒でしたよ
ありがとうございました

pencil三面相さんへ
雨の後で増水してスリルがありましたよ
ありがとうございました

pencilアンジェラさんへ
沢登りは中々出来ないので楽しみましたよ
ありがとうございました

pencilterrさんへ
年輩の女性の方も登っていましたよ
ありがとうございました

pencilヒューマンさんへ
本格的な沢登りコースとは違いますので通常の装備で
登れましたよ ありがとうございました

pencilimaipoさんへ
夏場の沢登りは涼しくて気持ち良かったですよ
ありがとうございました

pencilふーちゃんへ
一番乗りは気持ち良いですね 闘志が湧いてきますよ
ありがとうございました

pencilあま・コスモスさんへ
天気が悪いのも山登り 自然が相手では仕方がありません
ありがとうございました

pencil田舎紳士さんへ
素泊まり2000円は安いですね シュラフは持って
行きましたよ ありがとうございました

« 北海道やま旅記 その一 羅臼岳 | トップページ | 北海道やま旅記 その三 雌阿寒岳 »

山登り」カテゴリの記事