« 高野龍神スカイライン 納涼ドライブ | トップページ | 北海道やま旅記 その九 幌尻岳 緊張の川渡 »

2010年8月18日 (水)

北海道やま旅記 その八 幌尻岳一

幌尻岳(ポロシリダケ)は日本最長の日高山脈の最高峰

アイヌ語でポロは大きい シリは山という意味だそうです

日本百名山でも最難関の山の一つです

それはアプローチが長く

増水すると渡れなくなり足止めもある

又 渡渉といったものではなく川渡りで1時間以上続きます

歩行距離29km コースタイム16時間と

日帰りではハードなコースです

shoe

2日の夕方十勝岳から幌尻岳の

登山基地の平取町に着くと

沙流川は増水し 

濁流が渦巻いていました

Photo_6

これではとても入山は無理 

翌日3日は調整日にしました

2日はびらとり温泉に宿泊

(素泊まり1500円 温泉入り放題)

Photo_7 Photo_8

びらとり温泉(ネットより拝借)up

夜 携帯のニュースを見ると幌尻岳からの

帰り糠平岳で遭難し8名がヘリで救助

又 翌日には入山禁止の中 

幌尻岳に登ろうとした女性4人グループの内

              1名が糠平川で川渡り中流されて

死亡したとのニュースが流れていました

shoe

沙流川を見ると濁流で4日も入山は無理

そこで急遽日程を変更し4日は後方羊蹄山に登る事にしました

後方羊蹄山から4日の夕方戻り 又びらとり温泉に素泊まり

地元山岳会連絡所に確認すると

4日まで糠平川が増水していて入山禁止

5日から入山禁止を解除予定とのことでした

素人なので更に1日伸ばして6日に登る事にしました

5日の夕方幌尻岳の登山口 林道ゲート駐車場まで行きました

shoe

6日未明(AM3:45)にヘッドランプを付けて出発

途中5~6組を追い越し

2時間位で川渡地点に到着

827_r

835_r  向こう岸まで川渡up

まだ流れが強く岩に当った水が

波しぶきを上げています

先頭で前に誰もいません

こんな流れの強い所は渡った事がなく

不安になります

海パン Tシャツ マリ-ンシューズに替え

意を決して川に入ります

836_r 837_r

対岸のペンキの目印を目標に

慎重に浅く流れが弱いところを探しながら

ストックでバランスをとりながら渡ります

緊張で水の冷たさは気になりません

最初は渡る回数を数えていましたが

途中から緊張で何回渡ったか

分からなくなりました

水は深い所では腰の上まであり 

水に流されそうになるのを

ストックで支えながら渡りますが本当にビビリます

shoe

この川渡は水が少ないと膝下位で

誰でも簡単に渡れるとの事ですが

腰上までの水位は中々経験出来ないと 

後で幌尻山荘の管理人から聞きました

852_r 渡った回数は15回以上 

時間で1時間強でしょうか

何とか渡り終えた時はホッとしましたが

これを又渡って帰らないといけないと思うとぞーっとします

管理人がこれからは川は無いので山頂までは登るだけだと云いました

これにはホッとしましたね

山頂付近はお花畑が拡がっていますが

ガスで周りの風景は全く見えません

860_r 870_r

山頂付近まではハイマツの登山道を歩きます

途中山荘に泊まった登山者を追い越します

865_r

山頂には誰もいません

セルフタイマーをセットし

記録写真を撮りすぐ下山します

Photo_9

幌尻岳(ネットより拝借)up

天気が良ければ日高山脈が見えたはずですが残念です

川渡については続きで紹介させて頂きます

≪つづく≫

* * * * * fuji-46 山行記録 * * * * *

foot登頂日   8月6日

footコース    林道ゲート登山口soon幌尻山荘soon幌尻岳(ピストン)     

foot登頂      NO.78  幌尻岳  2052m 日本百名山

footンバー   単独行

foot歩行時間 11時間(コースタイム16時間10分)

foot天候    くもり 山頂はガス

Gps_r_3

Gps2_r_3

写真タグ:タグが設定されていません。

地図に登録されていません。

山登り  |  2010年08月18日06時00分00秒  |  コメント(13)  |  トラックバック(0)

コメント

いかちゃん

2010/08/18 06:49:16

なにはともあれ、難関突破ですね
槍ヶ岳の遭難8人も無事のようで。。。

まぁ、お互い気をつけましょう。

terr

2010/08/18 07:00:25

熊取のおっちゃんさん、
常に危ない橋ならぬ川を渡っていますね。
こういうとき一人ではさぞ心細いでしょうよ。
そうか、山登りは孤独に勝てねばやれぬスポ-ツなんだ!

imaipo

2010/08/18 07:41:45

おはようございます、
おっちゃんさん読んでいてはらはらしましたよ
増水していたんですね腰までの深さを渡るのは大変ですね
写真を見をみると流れが速そうで怖かったでしょうね。

minoji

2010/08/18 08:27:27

お早うございます。急流では腰まであると確実に流されますね。渓流釣りでは膝上まではつからないようにしていました。
それにしてもおっちゃんは山男ですねsign01快調なペースで次々踏破ですね。このペースだと百名山もすぐに!

田舎者

2010/08/18 08:38:13

お早うございます、

北海道のポロシリ岳に登るのは川渡りをしなくては上る事が出来ない山ですか大変な苦労が有り楽しみな山ですね、今朝のテレビで川を渡っていて又流された記事が放送していました皆さん大変な苦労をしてボロシリ岳に登っているのですね。

スベルベ

2010/08/18 08:39:38

 先日のスベルべのコメントは間違っていましたね。
最難関はこの幌尻岳でしたか。
それにしても渡渉にも万全の支度をなさり、事前の勉強が分かります。
これで、百名山完登は先が見えましたね。
何時も先行者を追い抜く脚力にはただただ驚くばかりです。
越後駒ケ岳には静養を兼ねて、ゆっくりとお越しください。

hahaha

2010/08/18 08:47:57

セルフタイマーに拍手(^O^)
熊かと思いました(^O^)

おっちゃんはすごいですね。
しかし無理をしないで下さい。

ヒューマン

2010/08/18 09:26:53

臨場感がつたわります。よくご無事でご帰還されましたね。

ma_kun

2010/08/18 10:22:56

お早う御座います~♪
2日の北海道を飛行機から眺めると何処の河川も濁った濁流でしたからね。
無事登頂おめでとう御座います。

golfun

2010/08/18 15:40:15

今日は。
入山禁止時間は非常に長く感じるでしょうね。
川の中を写す余裕が有りましたね。
油断しないで楽しんで下さい。

やま悠作

2010/08/18 17:32:00

ハラハラドキドキで一気に読みました。
無事でよかったという気持で一杯です。
熊取のおっちゃんさんは強いです 

熊取のおっちゃん

2010/08/18 21:56:46

pencilいかちゃんへ
日高でワンダーフォーゲル部の人が3名亡くなられました
今年は遭難事故が多いですね 更に慎重に登るように
します

pencilterrさんへ
山登りは恐怖や緊張感が快感に替わるスポーツですよ
ありがとうございました

pencilimaipoさんへ
最初は恐怖で引き返そうかと思ったほどです でも
慣れるとクセになりそうです
ありがとうございました

pencilminojiさんへ
今年中にややこしい山は何とか登り終えたいと考えて
います ありがとうございました

pencil田舎者さんへ
幌尻岳は百名山の中でも最難関の山でしたよ
ありがとうございました

pencilスベルベさんへ
越後三山に登る時は事前に連絡させて頂きます
今年の秋か来年くらいを予定しています
ありがとうございました

pencilhahahaさんへ
山頂の記録写真はほとんどセルフタイマーで撮って
います 羅臼岳は暴風雨でカメラを置けず自分撮り
ました ありがとうございました

pencilヒューマンさんへ
下山した時はホッとしましたよ
ありがとうございました

pencilma_kunへ
川は濁流で白波が立っていました 日程を延長して
正解でした

pencilgolfunさんへ
何事も取材は優先しています 熊が現れたら多分撮る
でしょうね ありがとうございました

pencilやま悠作さんへ
この時だけは心細く感じましたよ
ありがとうございました

すみれのお嬢

2010/08/19 00:27:37

ドキドキしながら読みました
登るだけでも大変なのに写真まで撮って、凄いの300連発拍手scissorsでした。
これはホントに『やった~ポーズ』炸裂ですね!
ご無事でよかったぁああああああ

« 高野龍神スカイライン 納涼ドライブ | トップページ | 北海道やま旅記 その九 幌尻岳 緊張の川渡 »

山登り」カテゴリの記事