« 夏野菜はもう終わりです | トップページ | 北海道やま旅記 その二 斜里岳 »

2010年8月 9日 (月)

北海道やま旅記 その一 羅臼岳

北海道やま旅のスタートは

フェリーの中で天気予報を検討し羅臼岳に決めました

shoe

小樽港より480kmのロングドライブで

132_r

登山口の岩尾別温泉へ

ここには”ホテル地の涯”があります

山頂からは天気が良いと

北方領土の国後島も見えるとか

045_r 奥は羅臼岳up

国道から見る羅臼岳の山頂には

雲が掛っていて眺望は

期待出来そうも有りません

shoe

ホテルの駐車場に車を止めすぐに登り始めますが

知床は世界でも有数のヒグマの密集地域

登り始めるとすぐにヒグマ注意の看板が

熊鈴を2個付け 笛を吹きながら登ります

頭の中はヒグマの事ばかり考えて登っていました

124_r

shoe

大沢は標高1100mにも関わらず

雪渓がまだ多く残っています

083_r

大沢雪渓up

この辺りからガスが濃くなり視界が悪くなってきました

雨具を付け登り始めますが

登山者とは数組出合うだけ少し心細くなってきました

105_r

羅臼平から山頂までは1時間弱

羅臼平からはハイマツを抜けると

岩場を登る事になります

更にガスが細かい雨粒になり風は暴風となり

山頂は全く見えません

116_r 

狭い山頂に何とかたどり着きましたが

暴風で岩を掴んでいないと飛ばされそうです

カメラを置いてセルフタイマーでの撮影は無理

止む無く一人撮りをしますが

暴風雨でメンズがすぐに曇ります

数枚記録用として撮影しすぐに下山です

晴れていると国後島や知床連山が見えたのですが

残念ながらこの天候では何も見えません

下山すると山頂の暴風雨が嘘のように穏やかです

shoe

岩尾別温泉には無料の三段の湯があります

128_r

三段の湯up

脱衣所もなく ベンチに服を脱いで入ります

上段の湯には若いカップルが水着で入っています

暫くすると下山してきたおばちゃんが来ました

どうするのか見ていると

上下の下着を付けたまま下段の湯に

堂々と入りました

女性は度胸がありますね

shoe

開放的な露天風呂で疲れを取り次の斜里岳へ向かいます

* * * * * fuji-40 山行記録 * * * * *

foot登頂日   7月29日

footコース    岩尾別温泉soon羅臼平soon羅臼岳(ピストン)       

foot登頂      NO.71  羅臼岳    1661m 日本百名山

footンバー   単独行

foot歩行時間 5時間50分(コースタイム8時間20分)

foot天候    曇り 山頂は濃霧と暴風

写真タグ:タグが設定されていません。

地図に登録されていません。

山登り  |  2010年08月09日06時00分00秒  |  コメント(16)  |  トラックバック(0)

コメント

クマゲラ

2010/08/09 06:12:59

お早うございます。
頂上では悪天候に悩まされたようですが
下山しての露天風呂
ましてや美女?のおまけ付きで
最高でしたでしょうね

三面相

2010/08/09 06:21:06

雨の羅臼岳は少し残念でしたね。
このような自然の温泉大好きいいですねえ。

スベルベ

2010/08/09 06:40:51

 待っていました!
写真を見させて頂き、行ったような気分にさせて頂きます。
ところで、「かぐら南蛮」のお味はいかが。
こちらでは、作る人、買う人、食べる人一様に辛くないと。
天候異変で本来の辛さが出ていないようなのです。
もちろん私のかぐら南蛮も今はあまり辛くないのです。

terr

2010/08/09 07:12:35

熊取のおっっちゃんさん、
さすがに「メンズ」もくもっていますね。
それにしても、8時間20分のコ-スを5時間50分とは!

エゾモモンガ

2010/08/09 07:35:29

  おはようごさいま~す  ♪

   いよいよ 登山日記 始まりましたね~  

   大沢雪渓周辺では 高山植物のエゾツツジが 咲いていたはず‥‥
   エゾモモンガ達が 登った時には 満開でした 

   この前もお話しましたが この露天風呂で うちの奴はスッポンポン‥‥ で 
   度胸があると言うのか    

imaipo

2010/08/09 08:48:48

お早うございます。
日頃の健脚振りが見えました、
凄いですね3時間も短縮して登ってくるんですね
面白い温泉ですねそうか水着着用ですか。

青龍○段

2010/08/09 09:00:08

おはようございます。
このときにぼが電話したのですね~
いや~山頂の激しさと露天風呂の開放感のギャップが激しすぎます。
印象強い山だったことでしょう。

田舎者

2010/08/09 09:07:15

お早うございます、

北海道夏山旅記色々の風景を見せて頂き有り難うございます、旅の皆さんと一汗流す風景は特別ですね。

アンジェラ

2010/08/09 09:10:49

ヒグマが何処にでもいるなんて。。。
北海道の山って凄いですね~
山の中にある露天風呂 良いですね♪

ヒューマン

2010/08/09 09:23:45

天気が悪く景色が見れず残念でしたね。熊取さんもガスっていましたね。

golfun

2010/08/09 14:59:01

天気には勝てませんね。
おっちゃん同胞でも襲ってきますか?

やま悠作

2010/08/09 15:40:12

ここまで熊取のおっちゃんさんを駆り立てる山って凄いです 
低血糖が怖い悠作には到底考えられない単独行です。
熊取のおっちゃんさん、健康ってありがたいですねぇ 

すみれのお嬢

2010/08/09 15:45:40

>熊鈴を2個付け 笛を吹きながら・・・<
しかも悪天候で視界が悪かったとの事
ひょえぇえええええ
ご無事でなによりです
露天風呂とっても気持ちよさそう~(*^。^*)

tori-chu

2010/08/09 16:50:39

地の涯の近くまでは行ったのですが、、、山は峠から見ただけです。
小生たちだったら10時間以上かかりますね。それはともかく山頂とふもと、天気の差に翻弄されるのが登山者なのでしょうか?
下山してからの露天風呂は最高、お気持ちよく分かります。

ふーちゃん

2010/08/09 21:51:39

熊取のおっちゃんさん
すみません
お訪ねしていませんでした
あれから山へ又登られたのですね~
一人撮りの写真で如何に風雨の強さを感じます
露天風呂で出会う人の姿
色々で面白いですね~気持ち良さそうです

熊取のおっちゃん

2010/08/10 00:01:54

pencilクマゲラさんへ
昔のお嬢さんが入られたいましたが 上の湯に入られ
恥ずかしくて直接見る事が出来ませんでしたよ
ありがとうござました

pencil三面相さんへ
この露天風呂の印象は強烈でいつまでも思いだしますよ
ありがとうございました

pencilスベルベさんへ
神楽南蛮は豊作でしたよ 嫁さんの友人にもいっぱい
配りました 形はピーマンに似ていますが味はシシトウ
みたいですよ ありがとうございました

pencilterrさんへ
今は同年代の人には負けないように歩くことを
目標にしています ありがとうございました

pencilエゾモモンガさんへ
奥さまは度胸がありますね でも良い露天風呂でしたね
ありがとうございました

pencilimaipoさんへ
ホテルにも立派な浴場があるようですが ホテル宿泊の
お客様も入浴されています 当然水着着用ですが
ありがとうございました

pencil青龍○段さんへ
寒さとヒグマの恐怖感がこの露天風呂で解放されましたよ
ありがとうございました

pencil田舎者さんへ
山登りを終えた後の温泉は疲れを取りますが緊張も
とれますよ ありがとうございました

pencilアンジェラさんへ
海に接している温泉も良いですが山の中の温泉も
良いですね ありがとうございました

pencilヒューマンさんへ
天候には恵まれませんでしたが 天気が悪いのも
山登りの一つです ありがとうございました

pencilgolfunさんへ
熊にはまだ遭遇したことがありませんが やはり恐怖感は
とれませんでしたね ありがとうございました

pencilやま悠作さんへ
ご夫婦で百名山を目指している登山者が多いですね
リタイアして目標を新たにたてられているのでしょうね
ありがとうございました

pencilすみれのお嬢さんへ
これも今となっては良い思い出ですよ
ありがとうございました

penciltori-chuさんへ
登山も縦走とピストンでは天候に対する考え方は
違いますね ピストンの場合は対応が楽ですね
ありがとうございました

pencilふーちゃんへ
二週間ほど留守にしていました 昨日から復帰して
いますので宜しくお願いします ありがとうございました

« 夏野菜はもう終わりです | トップページ | 北海道やま旅記 その二 斜里岳 »

山登り」カテゴリの記事