« 夏野菜成長記 小さな実 | トップページ | 池木屋山周辺の滝 »

2010年5月28日 (金)

池木屋山 山行記 関西最難関の山

池木屋山は台高山脈の中心部に位置し 

手つかずの自然と対峙出来る数少ない名山

と紹介されています

ネットで池木屋山を調べると

滑落死亡事故多発の記事が踊っています

関西百名山の中では最難関の山です

アプローチが長く

コースタイムも関西の山では最長の7時間

ビビリながら挑戦してきました

shoe

駐車場から高滝までの遊歩道は

沢に沿って岩壁に鉄橋や鉄の階段 桟橋が取付られる等

整備されています

161_r 156_r

桟橋up                      鉄橋up

shoe

高滝は水量が豊富で大迫力です

(別途アップ予定)

沢は前日までの大雨で増水して

飛び石は水の中

116_r_2

増水した沢up

154_r 151_r_2

止む無く登山靴を脱ぎ

リュックにくくり付け裸足で

沢を渡ります

渡渉箇所は5ヶ所あり その中で裸足で渡るところが3ヶ所

靴を脱いだり履いたりと大変でした

shoe

高滝の登山口には滑落死亡事故多発の看板が

043_r 146_r

テープにはザイル ハーケンが

必要と書いてあります

121_r_3  131_r

狭い登山道up

114_r

急峻な登りup

073_r                                      木の根の登りup

           ロープの登りup

高滝から猫滝までは

急峻でロープがかかっており

慎重に登ります

又 急斜面を横断する登山道が狭く

下を見ると目がくらみそうで山側に体重を掛け慎重に渡ります

山頂付近は急傾斜で木の根っこを掴み

両手両足を使って登ります

前日までの雨で登山道もぬかるんで滑るので

気を抜く事が出来ません

shoe

山頂は残念ながら濃霧で何も見えません

記録写真を撮り 

寒いのでおにぎり1個食べてすぐ下山です

087_r_2

           

085_r

濃霧に霞む山頂up

079_r

山頂付近up

shoe

山は登りより降りる時が危険です

下山し始めてすぐに右足が攣ってしまいました

これから急傾斜を降りないといけないのに困ったsweat01

幸いリュックにパテックスを入れておいたので

太股に貼り暫くすると歩けるようになり 助かりましたscissors

無事駐車場に着いた時は正直ほっとしました

shoe

4月中旬の気候で寒く

温泉でゆっくりして帰りました

今回も往復6時間のドライブでした

* * * * * fuji-31 山行記録 * * * * *

foot登頂日   5月27日

footコース      宮ノ谷林道終点登山口soon水越谷出合soon高滝soon池木屋山(往復)

foot登頂       NO.47 池木屋山 1396m  関西/近畿100名山

footンバー    単独行

foot歩行時間 6時間30分

foot天候    曇り山頂濃霧

spaNO.23 5月27日 香肌の湯

4_2・場所 三重県松阪市

・浴槽 露天風呂

・泉質 二酸化炭素Na Ca炭酸水素塩 塩化物温泉

・料金 700円

・何故 池木屋山登山の後

・その他 鉄分 にごり湯

コメント

クマゲラ

2010/05/28 06:12:03

お早うございます。
見ているだけでも、恐ろしいとしか言いよう無い登山道
そこを克服するのですから
流石、熊取さんですね
沢水で冷えた体に、温泉は最高でしたでしょうね。

やま悠作

2010/05/28 06:58:59

読んでいくだけで相当に手ごわい山だと思いました。
読み終えて悠作もほっとしましたよ。
熊取のおっちゃんさん、余り無理はされないでくださ~~い。
登山後の一風呂、最高だったでしょう 

いかちゃん

2010/05/28 07:07:57

お疲れでした・・・いかちゃんはパス(;>_<;)、
奥さんに心配かけないようにね。。。

seibo

2010/05/28 07:12:14

おはようございます。
久しぶりにスリルがある登頂記でしたね。
登りの途中に足が攣ったら一大事でしたね。
足をぬらしたり大変でしたね。気をつけてください。

アンジェラ

2010/05/28 07:55:45

池木屋山は最難関の山なのですね。
山伏が修行するような山なのでしょうか。。。
一枚一枚のお写真の中に神々しさを感じるようです。
ご無理のないように山登りを楽しまれてくださいね♪

スベルベ

2010/05/28 08:08:15

 途中で足が攣ったとはいえ、6時間を越える山行をこなす体力は素晴らしい。
関西にもこんな山が有るのですね。
こちらの巻機山も山頂のなだらかな景観に比べ、
登りは沢登りコースが多くて、転落死亡の遭難事故が絶えません。

imaipo

2010/05/28 08:18:11

お早うございます。
怖い登山道でしたね、私も沢登りを何度もやってますが
裸足は危ないですよ、せめて足袋を岩で足を切りますよ
しかし健脚ですねタフさに脱帽です。

エゾモモンガ

2010/05/28 09:03:23

  おはようございま~す   ♪

  池木屋山って 厳しい山ですね~
  体力 気力が伴わないと とても登れません 
  アプローチも長くて‥‥   

  おっちゃんの やる気に感服です  
 

ヒューマン

2010/05/28 09:56:24

こちらも思わず手に汗を。難コースですね。
ほっとしています。

田舎者

2010/05/28 09:57:08

お早うございます、

何時も元気なおっちゃんですね、何時も沢山の山野風景を見せて頂き有り難うございます。

まっくんの館

2010/05/28 10:18:47

お早うございます~(^o^)/
お疲れ様でした~!
難コースに挑戦一気に読み上げましたょ~
無事下山でホッ!
いや~凄いです~まさに鉄人です~。(笑)

ma_kun

2010/05/28 14:45:27

今日は~♪
若い頃から山の名前は良く知ってますが行けなかったです。
徒渉も首に靴をぶら下げて渡った経験が何度もあります。
単独行はくれぐれも慎重に。
家に行き先を言って出かけてるのでしょうね。

ツバキダロ

2010/05/28 15:19:30

右足が攣ってしまった??
歩けなくなったらどうするの、気をつけてください。
凄いところを登るのですね。

terr

2010/05/28 17:13:02

熊取のおっちゃんさん、
単独行は危険ではないですか。
危ない山なのでいかちゃんは京都に逃避したのかな?

golfun

2010/05/28 21:03:19

今晩は。
ザイルやハーケンを使って登るのは大変ですね。
水の中を歩くのは滑って怖いですね。
呉々も注意して下さい。

minoji

2010/05/28 21:26:32

近畿100名山なのですか?minojiは初めて知りました。ネットで調べると面白そうな山ですね。でもバランス感覚が衰えると危ないですね。おっちゃんの体力に脱帽です。

熊取のおっちゃん

2010/05/28 22:09:27

pencilクマゲラさんへ
ネットで調べた時は少しビビリましたね 
ありがとうございました

pencilやま悠作さんへ
怖い山でしたが この夏はこれくらいで怖がっていたら
登れない山ばかりです ありがとうございました

pencilいかちゃんへ
いかちゃんを誘う時は安全な山にしますよ

pencilseiboさんへ
関西の山でこんな山が残っていたのにびっくり
しましたよ ありがとうございました

pencilアンジェラさんへ
何時もはスピード派ですが 今回は慎重にゆっくり
登りましたよ ありがとうございました

pencilスベルベさんへ
難度の高い山は早くかたずけようと思っています
ありがとうございました

pencilimaipoさんへ
まさかこれほど増水しているとは考えが甘かった
ですね でも幌尻岳の予行練習が出来ました
ありがとうございました

pencilエゾモモンガさんへ
この夏は北海道の山に登ろうと計画していますよ
ありがとうございました

pencilヒューマンさんへ
怖い山と分かっていましたので何時登ろうかと迷って
いました 良い経験をしましたよ
ありがとうございました

pencil田舎者さんへ
今回は天候が悪く山頂からの写真は撮れませんでした
ありがとうございました

pencilまっくんの館さんへ
下山した時は正直ほっとしましたよ
ありがとうございました

pencilma_kunへ
嫁さんには毎回登る山は連絡しています 下山
したら無事を連絡するようにしていますよ

pencilツバキダロさんへ
山で足がつった事は何度もあります そのため パテックスを
何時も持ち歩いています ありがとうございました

pencilterrさんへ
単独行の方が安心です 同行者がいると気を使いますよ
ありがとうございました

pencilgolfunさんへ
膝の高さ位まで水に入りましたよ
ありがとうございました

pencilminojiさんへ
前から登ろうと思っていましたが やっと登る事が
出来ました ありがとうございました

« 夏野菜成長記 小さな実 | トップページ | 池木屋山周辺の滝 »

山登り」カテゴリの記事