« 半作嶺 山行記 関西百名山 | トップページ | 今年初めてのタケノコ »

2010年3月21日 (日)

法師山 山行記 五つのトラブル

作嶺登山口から法師山登山口まで約20分

すぐに登山口は分かりました

048_r

登山口up

直接法師山に登る予定でした

テープを頼りに登って行来ましたが何だか方向が違う

何と百間山と法師山縦走路分岐点に来てしまいました

1時間のタイムロスです(これが一つ目のトラブル)

しかしまだ11時 時間はたっぷりあり余裕です

分岐から法師山までの登山道はやせ尾根が続きます

左側は断崖絶壁 下を見るとびびります

055_r

左側は断崖絶壁up

30分ほど歩くと大きな岩が登山道を塞いでいます

暫く考えて三点支持で慎重に登ります

2ヶ所通過し 3ヶ所にはこれはダメだ

しかし引き返すのも危険

ボトルやストック カメラ 携帯など落ちそうなものを

リュックに入れ

絶壁数メートルを慎重に慎重に渡ります

成功sign03 無事通過しました

これほどの緊張は八ヶ岳以来です

066_r

                   

058_r 061_r 

1029m峰 恐怖のロックライミングup

暫く歩くと 何と何と 下に巻き道があるではありませんか

そりゃそうだよなー(これが二つ目のトラブル)

この道は地図に載っているのだから安全な登山道がないとおかしい

それに気付かないのが失敗でした

shoe

山頂に人影は見当たりません

山を独り占め 万歳sign03

青空が拡がり 風はなく 温かく山登り日和としては最高

083_r 096_r

山頂でup

ゆっくり昼食 鮭おにぎり カップめん 菓子パンrestaurant

山頂は遮るものが何もない大パノラマです

085_r

西に半作嶺 百間山 三ツ森山up

089_r

東に大塔山up

088_r

北に果無山脈の主峰の冷水山 北東にはまだ雪が残っている大峰の連山up

095_r

南には入道山up

ここは紀伊山地のど真ん中 見渡す限り山 山 山です

帰りは直椄登山口までルート下りる予定です

下り始めると踏み跡はしっかりしていますがテープが見当たりません

構わずドンドン進んで行くと何と入道山山頂に到着

098_r

入道山up

うわー こんなはずじゃないのに(これが三つ目のトラブル)

仕方なくテープを頼りに下りますが

このままでは駐車場とは別の方向に下る事になり

思い切ってコンパスを頼りに北に下りて行きます

もちろん道なき道を下りて行きます

30分位下っても林道に着きません

沢を一本間違えたと思い 一度200m程登り直し

沢を渡ります

まだ滝を撮る余裕がありました

100_r

出合滝up

法師山の位置などから方角を定め登って行くと登山道が見つかりました

やったー 助かったsign03

1時間くらいは完全に遭難です(これが四つ目のトラブル)

ここから10分程で登山口に着きました

しかし しかし マイカーがありませんsweat01sweat01

パニックです

落ち着いて廻りを見渡すと登山口の風景が少し違います

100m程林道を上がって行くとマイカーが見えますscissors

何と法師山登山口は2つあったのです

下の登山口から登ると法師山への直登ルートだったのです

こんな事があるのかーsign02 失敗 大失敗です(これが五つ目のトラブル)

駐車場に着いたのが3時

和歌山南部の山は関西/近畿100名山といえど

訪れる登山者は少なく非常に静かな山です

しかし 案内標識が全くなく 踏み跡とテープと地図だけが頼りの山です

静かな山が大好きで

和歌山の山にはまりそうです

shoe

トラブルで思った以上に歩き 足もパンパンsweat01

これから温泉に行って帰ります

帰りは龍神スカイライン(今は無料)

ここは標高1000m前後の天空のドライブウェーです

うす暗くなり前方から小鹿が横切ります

急ブレーキcar キーannoy キーannoy キーannoy

寸前のところで小鹿はセーフ

暫く走ると次はウサギ 今度は余裕で徐行

大変な一日でした 

* * * * * fuji-16 山行記録* * * * *

foot登頂日   3月19日

footコース     法師山登山口soon縦走路出合soon1029m峰soon法師山soon入道山soon

        タママツ尾根登山口

foot登頂      NO.20 法師山    1120m  関西/近畿100名山

         NO.21 入道山   1010m

footンバー   単独行

foot歩行時間  4時間30分

foot天候    晴れ 

spaNO.14 3月19日 乙女の湯

Photo・場所 和歌山県大塔村(旧)

・浴槽 露天風呂なし 大窓で景色よし

・泉質 アルカリ性単純温泉

・料金 500円

・何故 法師山登山後

・その他 療養泉

コメント

クマゲラ

2010/03/21 06:14:07

お早うございます。
流石、熟練の山男熊取さん
トラブルにも冷静に対処されて事なきをえ
下山後の温泉は最高でしたでしょうね
お疲れ様でした。

terr

2010/03/21 08:42:38

熊取のおっちゃんさん、
老人になると階段もくだりの方がきついですが、
山登りも下山の方がしんどいのでしょうね?

スベルベ

2010/03/21 08:57:44

 トラブルをカバーして余りある絶景です。
しかし、岩の下に巻き道なんて事も有りますよね。
「荒沢岳」に登った時も、下から見て絶対に無理なコースと思ったら、
ちゃんと下に巻き道が有りましたよ。
でも、先人たちはその大難コースを登っていたみたいでした。

imaipo

2010/03/21 09:20:17

お早うございます。
頂上の眺望は素晴しいですね
色々とアクシデントがあったようですが
温泉で癒されましたか、お疲れ様でした。

ヒューマン

2010/03/21 09:55:52

いや~、大変でしたね。臨場感が伝わりますが、危険と背中合わせです。無理はしないようにママからのお願いです

ツバキダロ

2010/03/21 10:12:58

遭難(?)しながも写真を撮っている、すごい根性です。
落っこちないようにして下さい。

seibo

2010/03/21 10:54:24

おはようございます。
トラブルを克服して感じる征服感でしょうか。
下山後の風呂の味も格別でしょう。

アンジェラ

2010/03/21 11:47:45

色々なアクシデントがあった山登りだったのですね。
頂上からの景観素晴らしいです。
それからプロフのお写真のブーフ君とても可愛いですね。ファンになりました

コスモスⅡ号

2010/03/21 15:21:23

おっちゃんさん こんにちは
マスコットのブーフ君に変わったのですね♪
アンジェラさんの記事で思わず見直しました(^^::
今回は大変な登山でしたね 奥さまは少々心配かも
でも素敵な頂上の景色はついつい楽しんじゃいますよね
これからも気をつけて征服して下さいね
でも無事ご帰還でホッとしています
乙女のお湯で身も心も癒してお帰りになったんですよね 
お疲れさまでした m(^^)m

golfun

2010/03/21 17:04:44

今日は。
凄いところを登っていますね。
天気が良く見晴らしはよいがスリル満点の所ですね。
駐車した場所の写真を撮っておいた方が良いですよ。

ふーちゃん

2010/03/21 20:25:45

熊取のおっちゃんさん
記事に画像にドキドキしながら
拝見しましたが心配でした
無事で何よりでしたが
夕刻でなく良かったと思います
流石に山男ここにありのおっちゃんさんでした

熊取のおっちゃん

2010/03/21 21:34:07

pencilクマゲラさんへ
一時はドキッとしましたが大体の方角が分かって
いたのでパニックになる事はありませんでしたよ
ありがとうございました

pencilterrさんへ
事故が発生するのは下山時が殆どです 下る時は
いつも慎重になります ありがとうございました

pencilスベルベさんへ
まだ時間が早かったのであまり慌てなくて済みました
山頂からの眺めは疲れが吹っ飛びますよ
ありがとうございました

pencilimaipoさんへ
林道に出た時は正直ほっとしましたよ
ありがとうございました

pencilヒューマンさんへ
少しのスリルがたまりませんよ
ありがとうございました

pencilツバキダロさんへ
取材根性の方が遭難より強くなりますよ
ありがとうございました

pencilseiboさんへ
今回は思った以上に汗をかきましたので温泉は
気持ち良かったですね ありがとうございました

pencilアンジェラさんへ
今日くまのぬいぐるみのブーフ君を注文しました
これからは時々出演する予定です
ありがとうございました

pencilコスモスⅡ号さんへ
帰ってすぐに家族には状況説明しましたよ
ありがとうございました

pencilgolfunさんへ
和歌山の山は登山者が少なく 案内標識が殆どなく
注意が必要ですよ ありがとうございました

pencilふーちゃんへ
少しは不安に成りましたが何とかなると思って
いましたよ ありがとうございました

« 半作嶺 山行記 関西百名山 | トップページ | 今年初めてのタケノコ »

山登り」カテゴリの記事