フォト

ウェブページ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 盆梅展 | トップページ | 前方後円墳 応神天皇陵 »

2010年2月25日 (木)

なで牛と修羅

道明寺天満宮にも”撫で牛”がいましたよ

一番撫でられているところは”頭”

不毛地帯のおっちゃんも頭を撫ぜてきましたよ

これは毛髪より頭がこれ以上ボケないよう

お願いしてきました

013

撫で牛

境内には

タヌキやキツネ 狛犬 寅 等色々な動物?がいましたよ

093 072 052

              

019 018 017

珍しいものが展示してありました

修羅です

「1973年3月に大阪府藤井寺市で三ツ塚古墳(道明寺六丁目)の周濠から、大小2つの修羅が土。同年4月5日から6日にかけてマスコミで大きく報じられ、4月15日の現地説明会には12,000人余りの人々が見学に訪れた。大きい修羅(全長8.8m、幅1.9m、重さ3.2トン)はアカガシ類の木、小さい修羅(全長2.8m、幅0.7m)はクヌギ類の木でできており、いずれも二股に分かれた一木であることがわかった。これらと同時に挺子棒(長さ6.2m、直径20cm)も発見された。出土場所などから、古市古墳群の最盛期だった5世紀ころのものと推定されている」  -ネットより-

修羅(しゅら)は 重い石材などを運搬するために用いられた木製の大型橇 -ネットより-

074

修羅

古代の人も凄いですね 

大木からの伐り出しは道具もない中良く作れたと

感心しています

コメント

湘南ジージ

2010/02/25 06:36:33

参拝の皆様によく撫でられたと見えて、牛君の頭から顔の辺りがピッカピカですね!
「修羅」の事、初めて知りました
「阿修羅」なる言葉は良く聞きますが。

アンジェラ

2010/02/25 07:07:37

おはようございます。
昨日仰っていた牛さんですね。
皆さんになでなでされてピカピカ。。。多くの方に親しまれている牛さんなのですね。
他にも楽しい動物??さん達がいっぱいですね。
私も「修羅」の事、初めて知りました。古代の人が用いられたものなのですね。大きいですね~。

いかちゃん

2010/02/25 07:34:54

やっぱり頭を良くしたい、ボケないように、なのか頭の方が一番磨り減ってますね(^O^)♪ ♪ ♪

ヘキサ

2010/02/25 07:48:17

お早うございます。
牛さん。ツヤツヤしてて いい顔してる。
頭 撫でましたよ。
修羅は 聞いていましたが 大きいのに 驚きました。
何度も何度も 海に落ちたことでしょうね。

seibo

2010/02/25 07:57:17

おはようございます。
天満宮に牛の像がありますね。
菅原道真公が丑年生まれで、丑の日に亡くなったそうですね。

まっくんの館

2010/02/25 08:21:35

お早う御座います。
seiboさんと全く同じで、菅原道真公を祀る
太宰府天満宮には数箇所に鎮座していますね。
まっくんも必ず頭を撫でてきます~!(笑) 

imaipo

2010/02/25 08:37:03

お早うございます。
牛の頭が良い色に輝いてますね
大昔の方は凄いですねこのようなものを作って(修羅)石を
 運んでいたんですね、大阪城の石垣も見るたびに思いますよ
 重機がなくて良く積み上げたものだと感心します。

ヒューマン

2010/02/25 09:43:42

ヒューマンは最近女房に、ボケたはネと言われっぱなししです。ご利益があれば出張しますが

田舎者

2010/02/25 09:48:34

お早うございます、

神社仏閣にお参りに出かけると良く見かける風景ですね、皆さん頭や腰をさすって痛い所に託すのかな。

タンポポ

2010/02/25 11:55:16

おっちゃん、こんにちは~\(^o^)/
タヌキやキツネ 狛犬 寅 牛と まるで動物園のようですね~
タンポポならきっとこの牛の鼻の穴に指を入れていたかも‥プッ

terr

2010/02/25 14:07:34

熊取のおっちゃんさん、
この修羅とやら、5世紀のものとは思えませんね。

minoji

2010/02/25 17:42:13

コンニチハ!minojiもこの牛の頭撫でましたよ。でもあまり効果なくあえなく大学受験沈没しました。(笑)修羅は古市周辺の古墳作りに活躍したのでしょうね。

Saas-Feeの風

2010/02/25 20:02:48

撫で牛はピカピカになっていますよね。
どこの天神さんでも同じようになっています。
修羅・・どこかで見たような・・。

昨日は志摩の大王、明日は播磨の室津・・
ちょっと強行し過ぎですワ・・。

田舎紳士

2010/02/25 20:24:06

なで牛とはどこでもなぜていいのでしょうか。
お尻の方の股間をなぜては効能はいかがでしょう。

ふーちゃん

2010/02/25 20:29:34

熊取のおっちゃんさん
やはり頭の方を撫でる人が多いのでしょう
つるんつるん・・・\(◎o◎)/!
近ければふーもボケ防止に撫でに出かけたいですよ(^_-)-☆

熊取のおっちゃん

2010/02/25 20:35:42

湘南ジージさんへ
おっちゃんの前の薄い方は牛の頭を撫ぜた後自分の頭も
撫ぜていましたよ おっちゃんも真似をしましたよ
ありがとうございました

アンジェラさんへ
古代の人の技術 知恵は凄いと思いますよ
ありがとうございました

いかちゃんへ
皆さん考える事は同じですね

ヘキサさんへ
現在は道具があってもあんなものを作るのは難しいのに
道具が無いのに作るとは尊敬しますよ
ありがとうございました

seiboさんへ
菅原道真が丑年生まれで丑の日に亡くなられた
のですか 道理で天満宮に丑の像があるんですね
ありがとうございました

まっくんの館さんへ
皆さん牛の頭を撫ぜていましたよ ご利益のほどは
1年後をお楽しみに ありがとうございました

imaipoさんへ
昔の人は知恵があったのですね 先祖は凄い
ありがとうございました

ヒューマンさんへ
ご利益があるかどうかは一年後をお楽しみに・・・
ありがとうございました

田舎者さんへ
悪い所はいっぱいありますが 恥ずかしくて皆さんと
同じ様に頭だけ撫ぜてきましたよ
ありがとうございました

タンポポさんへ
タンポポさん モー止めてと言いますよ
ありがとうございました

terrさんへ
これを作るのにはものすごい労力が必要だった
のでしょうね ありがとうございました

minojiさんへ
古市周辺には古墳群があります 修羅で運んだ
のでしょうね ありがとうございました

SFの風さんへ
相変わらず元気ですね 最近バイトが詰まっていて
取材が不足しています

熊取のおっちゃん

2010/02/25 22:45:50

田舎紳士さんへ
そこまで考えが及びませんでした 今度撫でてきます
ありがとうございました

ふーちゃんへ
御利益は一年後に分かりますよ
ありがとうございました

« 盆梅展 | トップページ | 前方後円墳 応神天皇陵 »

旅行・観光」カテゴリの記事