« 蓼科山 山行記 | トップページ | 関西オフ会 紅葉登山 »

2009年10月19日 (月)

八ヶ岳縦走 山行記 その一 赤岳

164_r 今年 日本百名山登頂は15峰目

その中でも八ヶ岳の

難易度は★★★★☆(ランク4)

今回は雪に氷点下の初冬

登る前はいつも不安でドキドキしています

登山口で年配や女性の方を見かけると

ほっとし安心します

shoe

八ヶ岳は赤岳を主峰にアルペン的な峰々が連なる山脈です

227_r

麓から見た八ヶ岳up

赤岳への登頂コースは色々ありますが

今回は最短コースの文三郎尾根から登りました

金網の階段と鎖が続く急坂コースです

登り始めると霧が雨に変わりました

滑らないように慎重に登ります

山頂は天気が良いと360℃の大パノラマが眺望出来たのですが

ガスっていて10m先も見えません

眺望はあきらめて数分先の頂上小屋へ

夕食をしていると窓の外が白くなっています 雪です

明日の天候回復を祈り就寝

shoe

翌朝はガスって何も見えません 

霧が凍ったエビの尻尾も

又 路面は雪でうっすらと白くなっています

困ったなー 

081_r_2

赤岳山頂up

087_r 090_r 079_r_2

      赤岳山頂up        山頂からの下りup      エビの尻尾up

ガスって見えない所に路面は雪で滑りやすく

赤岳天望荘までは鎖場の急こう配を下らなければんりません

鎖をしっかり握り慎重にゆっくり下って行きます

当然正面に見えるはずの横岳も見えません

これでは縦走は無理

縦走をあきらめ地蔵尾根を降りようと考えました

shoe

しかし 赤岳天望荘に着くころにガスの切れ目から青空が見えます

天候が回復してるのが分かります

よし 縦走しよう

赤岳天望荘から30分も登ったころには正面に堂々とした赤岳が見えます

102_r

日ノ岳から見た赤岳の稜線up

101_r

日ノ岳を目指しています 上の稜線をアップで撮りましたup

今登ってきた稜線がくっきりと見え感動です

鎖とハシゴで急坂を登りますが

西斜面は霧が凍って真っ白で断崖絶壁

下を見ると足がすくみそうです

慎重に一歩ずつ登ります

109_r

横岳の西壁 右の鎖が見えますかup

108_r

横岳の西は絶壁 真ん中は登山道up

前には誰も登っていなく今回もトップランナーです

何とか横岳に登ると 赤岳鉱泉より登ってきたグループと遭遇

113_r

横岳から見た赤岳up

123_r

横岳から 左は赤岳 右は阿弥陀岳 中央奥は南アルプスup

記念写真をお願いしました

一番の難所は横岳(奥の院)からの下りです

足元が凍っていて鎖とハシゴの掛った狭いキレットを慎重に降ります

最後の難所 横岳からの下りup

ここを過ぎると一安心です

≪つづく≫

* * * * * fuji-53 山行記録* * * * *

foot登頂日   10月17日~18日

footコース     第1日目 美濃戸山荘登山口soon行者小屋soon文三郎尾根soon赤岳/頂上小屋 

         第2日目 赤岳/頂上小屋soon赤岳天望荘soon横岳soon硫黄岳soon赤岳鉱泉soon

               美濃戸山荘登山口

foot登頂       NO.96  赤岳(八ヶ岳)        2899m 日本百名山

         NO.97  横岳           2829m

                    NO.98 硫黄岳         2760m

footメンバー    単独行

foot歩行時間  第1日目 3時間30分 

         第2日目 4時間30分 

          合計       8時間

foot天候     第1日目 曇り後霧雨 夜雪

         第2日目 曇り後晴れ

コメント

hahaha

2009/10/19 14:01:27

これ以上は危険ですよ~
無理しないでね。特にカメラマンの事故が多いです。

imaipo

2009/10/19 14:14:10

こんにちは、
私も登ってますので思い出しながら
そうそう鎖場がと懐かしいしかしこの時期は
雪なんですね、単独行で大変でしたね。

ma_kun

2009/10/19 14:45:36

今日は~♪
この程度の積雪と凍結が一番やらしいですね。
正月と五月の連休、に行ってますがその方が未だましですよ。

やま悠作

2009/10/19 16:50:04

読んでるうちに怖さでゾクゾクしてきました。
悠作はやっぱり遠くから山を見ておくことといたします (^O^)。

golfun

2009/10/19 16:53:59

今日は。
昔々、11月3日に清里から赤岳に登り横岳、硫黄岳明治の湯から
降りていきました。
東京に来て初めての登山でした。
八ヶ岳の登山は忘れられません。
ものすごく寒かったのを覚えています。
写真有り難うございます。

terr

2009/10/19 17:13:44

熊取のおちゃんさん、
頂上まで登るには登ったものの、
脚がすくんで下りられなくなった人ってきっといるでしょうね。

ペケちゃんへ

2009/10/19 17:31:03

ハーとかフーとかウワーと小さく声を出して見させていただきました、ペケちゃん世界とは・・・別世界です。翌日はこんなにも晴れたんですね、今年最後とか言っていましたが、まだ次が・・・?

ヒューマン

2009/10/19 17:43:14

こわいですね。とてもヒューマンには無理です。はなからあきらめています

港ボーイ

2009/10/19 19:53:45

凄いです、経験豊富でなきゃ無理ですね。

yasu

2009/10/19 20:13:08

迫力ある写真ですね。雪が薄く積もって凍ると滑りやすいので気をつけないといけませんね。

ふーちゃん

2009/10/19 22:23:37

おっちゃんさん
危険のみが追いかけて来そうですね
ズルズルと足が身体が滑りそうです
山男は何故この鋭さに挑戦するのでしょう
これを云っちゃ>ふーちゃん駄目でした

熊取のおっちゃん

2009/10/19 22:51:56

pencilhahahaさんへ
今回がアルプス等の高山への遠征は最後です
これからは近場でトレーニングです
ありがとうございました

pencilimaipoさんへ
八ヶ岳は今までの山の中でも山容が良く岩場もあり
好きな山の一つになりましたよ
ありがとうございました

pencilma_kunへ
新雪の山は歩きやすいのですが1~3月の雪は素人は
無理ですね 無理はしませんよ

pencilやま悠作さんへ
八ヶ岳はピラミダルな山容で見ても撮っても良い山
でしたよ ありがとうございました

pencilgolfunさんへ
八ヶ岳はアルプスの称号がありませんが岩場ありキレット
ありでアルプスにひけととりませんね
ありがとうございまsた

pencilterrさんへ
今の雪は陽が昇ると雪は溶けますよ溶けないと
ヤバイですね ありがとうございました

pencilペケちゃんへ
明日は関西オフ会で近畿百名山の武奈ヶ岳の紅葉を
見にいっています ありがとうございました

pencilヒューマンさんへ
少し大げさに書いています 年配の方も女性の方も
登られていますよ ありがとうございました

pencil港ボーイさんへ
山は天候が一番 後は体力だけでしょうか
安全が第一です ありがとうございました

pencilsasuさんへ
雪が少し積もっていて赤岳から下る時は少しビビリましたよ 
ありがとうございました

pencilふーちゃんへ
山の持つ魅力には何も勝てません でも安全が第一で
慎重に登りました ありがとうございました

まっくんの館

2009/10/19 23:16:23

こんばんは。素敵な数々の山の実応えがありますね。
山々も厳しい冬化粧に、これからは一段と厳しさを
増すことでしょうね。
どうぞお気をつけられますようにです。

pyonpyon

2009/10/20 20:24:52

こんばんは~♪
きゃぁ~すごい!う~高山はもうすっかり冬なんですね
寒さと怖さとすごいスリルに写真見てるだけでドキドキします。
実は、10月10日に御嶽に登ってきたのですが、
雪がちらちらするし霜で白くなってるし、私的にはこれが限界だなって思いました。
おっちゃんさんは私とは技術も体力もレベルが違うのは判ってますが、
あんまり怖いことはしないで下さいね~(*^。^*)
といいつつ、素晴しい写真の数々から目が離せない私・・・自分の目でも見てみたい(笑)。
ありがとうございました。

熊取のおっちゃん

2009/10/20 20:48:41

pencilまっくんの館さんへ
高山の遠征登山は八ヶ岳が最後です これからは
近くの山でトレニングです
ありがとうございました

pencilpyonpyonさんへ
山にはまっていますね 御嶽は思っていた以上に
良い山ですね 今年はもう高山には登らず 近畿の
山で来年に向けてトレーニングですよ
ありがとうございました

こぶっちょ

2009/10/20 22:56:46

こんばんは
先々週には雪の風景ではなかったですが、
雪でしたか!
いやー、とてもこの時期の登山はこぶっちょには
無理ですね。
ひやひやしながら読まさせていただきました。
夏山に行くことにしておきます。

« 蓼科山 山行記 | トップページ | 関西オフ会 紅葉登山 »

山登り」カテゴリの記事