« 白馬三山縦走 山行記 その一 白馬鑓温泉 | トップページ | 白馬三山縦走 山行記 その三 縦走した山々 »

2009年8月 6日 (木)

白馬三山縦走 山行記 その二 標高差1700m直登

白馬岳の標高差(登山口から山頂まで)は

1702mと日本有数の厳しい山です

登山口の猿沢荘からは大雪渓を登る直登はかなり体力を消耗します

白馬大雪渓は日本三大雪渓の一つで

(針の木大雪渓 剱沢大雪渓)

幅100m 長さ3500m 標高差600mの急斜度の登りで常時落石しています

落石に注意しながらの登りはスリル満点です

(落石は両サイドで真ん中はほとんどありません)

長男を先に歩かせると若いため次々と追い越し 50人近くごぼー抜きです

残念ながら大雪渓ではガスがかかって見通しが良くありません

P1130217

           

038_2 

白馬大雪渓up

山頂近くになってやっとガスが消え

立山&剱岳が目の前に現れた時は感動しました

126

立山&剱岳up

白馬山荘には11時前に着き

一番で宿泊受付を済ませました

P1130263 

白馬山荘up

P1130280

寝室up

早く着き過ぎたので近くの旭岳に登ろうとしましたが

登山口が見つからず裏旭岳に登って来ました

夕食の後 宿舎でくつろいでいると

急に右足のフトモモが痙攣し激痛が走りました

長男にマッサージしてもらい痛みが和らいでくると

今度は左足が痙攣し又激痛が襲います

一時はどうなるかと心配しましたが翌日は痛みなく歩く事が出来ました

camera写真集camera

281

杓子沢雪渓up

450

湯の入沢雪渓up

323

雲海up

489

雪渓で出来た滝up

378

山で見つけたイワヒバリup

              

≪つづき≫

コメント

hahaha

2009/08/06 06:23:20

雲海が見られて良かったですね。
あまり好天でも見られないし、霧があってもダメ。
日頃の行いでしょうね!(^^)!

terr

2009/08/06 07:29:00

熊取のおっちゃんさん、
一度でいいから雪渓というものを見たいです。
今後、常時「ツムラ68」を常備ください。
即効性のある漢方薬です。
係り医の女医はテニスをやっており、
脚をやられるのでポケットにいつも入れています。
愚生はこむらがえりをよく起こしますので処方してもらっています。
以上、あくまでご参考までに。

いかちゃん

2009/08/06 07:53:35

大キレット、死ぬ思いでした。
今まで一番きつかった(;>_<;)

でも天気が見方してくれました。

お互い、日頃の行いが良いんですね、そうしておきましょう(笑)

今月後半どうしますか???

ペケちゃん

2009/08/06 08:05:00

足の痙攣、たいしたことなくてよかったですね。結構無理しているのかも知れませんね。
寝室はこんなにちゃんと隔離されているのですか、これでしたらゆっくり休めますね、大勢での雑魚寝かと思っていました。

imaipo

2009/08/06 08:11:45

お早うございます。
雪渓の登りがやはり堪えたようですね、無事で何よりでした
雪渓一度登ってみたいですがもう無理です、写真をみて
我慢しました、高所からの眺めは最高ですね。

seibo

2009/08/06 08:23:52

お早うございました。
天候が回復して、よかったですね。
白馬の大雪渓もガスっている風景も迫力があります。
身体を充分に労わって、次を目指してください。

やま悠作

2009/08/06 09:17:30

とても八月の景色と思えませんでした。
雪渓の道も人が多くてラッシュアワーですね。
ビックリしました (^O^)。

田舎者

2009/08/06 09:36:02

お早うございます、

山男夏山に登る今回はいかちゃんさんと別のグループでしたか白馬、立山剣岳沢山の写真見せて頂き有り難うございました、気をつけて下さいね。

kanarin

2009/08/06 10:11:03

おはようございます。
昨日はご訪問有難うございました。
とっても綺麗な雲海ですね。
山ならではでしょうか~~~。
おっちゃんさん、足が痙攣を起こされて大変でいらしたのですね。
それも、両足~~!
今は、もう全くよいのですか?
ゆっくり休みながら、長くブログをなさって下さいね。

ツバキダロ

2009/08/06 10:28:32

素晴らしい雲海ですね。
足に激痛、ビックリですね。息子さんと一緒で良かったですね。

Golfun

2009/08/06 13:52:31

熊取のおちゃんへ素晴らしい眺めですね~いかちゃんと一緒に晴れ男でしたね。

スベルベ

2009/08/06 13:53:52

 行動的ですねー。
しかも失礼ながら、お子様と一緒に登る、登れるって、
色々な意味で凄い事です。
スベルベの場合、親子で登ったのは十年程前が最後でしたね。
これからは娘達も私と一緒に山に登るとは言わない事でしょう。残念!

熊取のおっちゃん

2009/08/07 00:24:16

pencilhahahaさんへ
雲海を見るのも楽しみの一つでした 近畿の山では
中々見る事が出来ません ありがとうございました

pencilterrさんへ
良い薬をご紹介頂きありがとうございます
早速常備薬に加えさせて頂きます
ありがとうございました

pencilいかちゃんへ
後半は鹿島槍ヶ岳or石鎚山&剣山は
いかがでしょうか

pencilペケちゃんへ
白馬山荘は日本で一番大きな山小屋で設備も
整っていました 通常は畳一枚に2名の雑魚寝
ですよ ありがとうございました

pencilimaipoさんへ
今回も70~80歳のご夫婦にいっぱい会いましたよ
まだまだトレーニングをすると登れると思いますよ
ありがとうございました

pencilseiboさんへ
今週末は大山に息子と云って来る予定です
登れる時に登っておこうとと思っています
ありがとうございました

pencilやま悠作さんへ
白馬岳ではこれでも人が少ないそうです 多い時は
登山口から山頂まで数珠つなぎになっているそうですよ
ありがとうございました

pencil田舎者さんへ
山登りは安全じゃないと楽しくない これを忘れない
様にこれからも登ります ありがとうございました

pencilkanarinさんへ
翌日は治り痛みはありませんでした
今週は大山に登る予定です
ありがとうございました

pencilツバキダロさんへ
やはりアルプスの雲の上の風景は感動ものです
ありがとうございました

pencilGolfunさんへ
いやー ついていましたよ 天気が悪いと引き返す
覚悟でしたよ ありがとうございました

pencilスベルベさんへ
残念ながら息子が独身だから登れるのでしょうね
早く結婚して欲しいと言っているのですが・・・
ありがとうございました

« 白馬三山縦走 山行記 その一 白馬鑓温泉 | トップページ | 白馬三山縦走 山行記 その三 縦走した山々 »

山登り」カテゴリの記事